肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 脂肪肝って肝硬変の“前兆”?

脂肪肝って肝硬変の“前兆”?

脂肪肝は肝硬変の“プレリュード”です。脂肪肝から発展した肝硬変は少なくないです。そのため、肝細胞の中に長期的に脂肪を貯蓄してしまうと、血液や酸素の提供、肝臓自身の新陳代謝にはかなりの悪い影響が出ます。それらによって、肝細胞が腫れふくれて、炎症、変性、壊死などを起こしてしまいます。

脂肪肝は良性病変ですが、脂肪肝による肝細胞の繊維化は25%ぐらいです。それによって肝硬変がおこるかもしれません。長期的に飲酒習慣がある方の中で60%の方は、脂肪肝です。その60%の中で、20%から30%の方は肝硬変になるかもしれません。重度の脂肪肝は肝硬変になる確率が非常に高いです。肝硬変は重度脂肪肝のしるしと言っても過言ではありません。

脂肪肝自体が肝ガンを引きこす要素ではないですが、脂肪肝の原因になる様々な病因が肝ガンの発病要素です。例えば、飲酒、栄養不良、薬物や毒物による障害など。そのため、脂肪肝に掛かった方が肝ガンになる確率は健康な方が肝ガンになる確率より10%から40%高いと言えます。

また、脂肪肝は肝臓のデトックス機能に影響をもたらします。そうすると、人体の中のもう一つのデトックス臓器腎臓の負担がもっとも重くなり、腎不全などの様々の腎臓病気にかかる可能性があります。

多くの脂肪肝患者は、自分が脂肪肝であることを健康診断や、他の病気の検査でたまたま発見するケースが多いです。最近体調に違和感がありますかと聞かれても、ないと言う方が多いでしょう。少数の方は、最近食欲がない、吐き気がする、疲れを感じやすくなった、肝臓の辺りに痛みを感じる、お腹がいつも張っている、お腹の右上の部分が張っている、圧迫感を感じるなどと言うかもしれません。

実は上記の全ての症状は脂肪肝になったあなたに出ているSOSかもしれません。これらの症状を感じたという心当たりがある方は、早期に病院に行って、検査してもらったほうがご自分のためです。

中性脂肪率が高いので、脂肪肝ではないかという疑問を抱えている方もいるかもしれません。

中性脂肪率と脂肪肝は関係していますが、全ての中性脂肪率の高い人が脂肪肝とは限りません。この二つは同じ病気ではありません。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved