肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 高齢者が肝硬変になる原因

高齢者が肝硬変になる原因

データによると、高齢者が肝硬変で亡くなる比率は年が増えるとともに低下しているそうです。高齢者がウィルス性肝炎になる比率は若者より低いからかもしれません。その一方、欧米では、高齢者が肝硬変になる確率が高くなってきています。それは、慢性アルコール中毒や糖尿病と関係があるかもしれません。
高齢者が肝硬変になる原因は様々ですが、現段階では、判明されているのが、下記のような6点です。

(1)薬物中毒: 高齢になるとともに、各種の病気をかかえるようになります。長期的に様々な薬を服用することは避けられません。その服用している薬の中には、肝障害を引き起こす薬がないとは限りません。その肝障害によって、肝硬変を招きます。

(2)循環障害:高齢者は冠状動脈心臓病、心不全、様々な肺臓病を抱えていることが多いです。これらの病気によって、肝細胞が長期充血、欠酸状態にいて、壊死する可能性が高いです。これによって、肝硬変が起こります。

(3)ウィルス性肝炎:高齢者がウィルス性肝炎になる比率は非常に低いですが、若い時に肝炎(特にB型肝炎)に感染したことがある場合は、高齢になってから、肝硬変になる可能性があります。

(4)アルコール中毒:長期的に飲酒経験がある方、あるいはいつも酒をむさぼって飲んでいる方だと、体内に入ったアルコールが肝臓を直接損害し痛めつける?負担を与え?傷つけ?続けています。そのうえ、長期的な飲酒で栄養も足りなくなっているため、肝臓のデドックす機能が低下してしまいます。これが肝硬変を引き起こす引き金になります。アルコール中毒によって、肝硬変になった病例は欧米でよくあります。

(5)胆汁の堆積:薬物や胆管性肝炎によって、肝臓内に多くの胆汁が溜まってしまい、排出できなくなります。また、胆石症、寄生虫、腫瘍などが原因で胆管が圧迫され、胆汁の排出は、できなくなります。こうなってしまうと、高濃度の胆汁が溜まり過ぎて、肝細胞に障害をもたらします。多量に溜まった胆汁によって、肝細胞が壊死し、最後に肝硬変になってしまいます。

(6)肝臓の老化: 歳とともに、肝臓も老化し、肝臓の重量も軽くなり、面積も小さくなって、外見も不規則な波状になってしまいます。この変化は70歳前後で、もっとも著しくなります。実働している肝細胞が減ったため、肝機能も衰えてきます。従って70歳~90歳の間の高齢者が原因もなく肝硬変になる確率が高いです。

要するに、高齢者が肝硬変になっても20%~50%の方が無症状の潜伏状態です。肝臓が代償機能を失ってしまうと、下記の症状が表れます。
● 肝機能の異常
● 激やせ
● 疲労
● 低体温
● 下肢のむくみ
● 顔色が浅黒ぽくなったりする
● 消化力が悪く、食後腹に違和感があったり、お腹が張ったりする
● 油こい物を食べた後、吐き気や下痢する
● 毎日の排尿量が激減する
● 全身の水腫
場合によって腹水、脾腫、食道や胃の下部や底部に静脈瘤ができてしまうなどの症状も考えられます。特に、この食道や胃の下部や底部にできた静脈瘤が壊れてしまった時、大量な血を吐いたりします。その場合は、直ちに病院で治療したほうが良いです。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved