転移性肝臓がんの治療
Home 転移性肝臓がんの治療

転移性肝臓がんの治療

転移性肝臓がんとは、肝臓以外の臓器のがん細胞が血液の流れに乗って肝臓に入り込み、肝臓で成長したものをいいます。進行した胃がんや大腸がんでは、その半数以上に肝臓への転移が確認されています。転移性肝臓がん治療成績の良い方法は肝切除。

転移性肝臓がんの切除後5年生存率は約30-50%です、積極的に切除することで良好な予後が望めます。ただし、切除か否かの判断には外科チームの手術熟達度も大いに関与しますので、肝切除に実績のある施設を選ぶことが大切です。

大腸がんの肝転移を治す一番良い方法は手術です。近年、大腸がん肝転移に対し、ラジオ波治療を行った例もありますが、ラジオ波治療で治せることは困難で、切除できる大腸がんの肝転移に対し、ラジオ波治療を行う事は禁忌に近いと考えます。

又、薬物治療が進歩したことは外科治療においても福音であり、肝切除と薬物治療の組み合わせが広く行われるようになっています。肝臓には再生能力があるため、正常な肝臓であれば、手術前の25%程度の肝臓が手術後に残っていれば数ヶ月で再生し、ほぼ元の大きさに戻ります。そのため、効果的な抗がん剤治療ができるようになった現在では、多発した肝転移を2回に分割して全ての肝転移を切除し、肝切除と肝切除のあいだに抗がん剤治療を行う方法もあります。また、肝臓には門脈という血管が流入しています。これは門脈右枝、門脈左枝に分岐しますが、一方を塞栓(塞栓物質で血管を詰め、血流を途絶させること)することにより塞栓されていない側の肝臓が再生肥大します。本来ならば切除が危険な場合でも、この方法を利用して肝切除の安全性を高めることも可能です。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved