低ナトリウム血症は肝硬変の治療の過程では、肝硬変予後不良の重要な指標で、難点と重点である。
Home >肝硬変-低ナトリウム血症

肝硬変-低ナトリウム血症

低ナトリウム血症は、非代償性肝硬変時期に電解質異常の臨床症状です。発生率は〜35%で21.6%です。低ナトリウム血症は黄疸、難治腹水、肝性脳症、肝腎症候群密接に関連している、患者生存率に対する深刻な脅威です。低ナトリウム血症は肝硬変の治療の過程では、肝硬変予後不良の重要な指標で、難点と重点である。

低ナトリウム血症の原因: ADH分泌異常は低ナトリウム血症の重要原因です。特に、肝硬変腹水患者はADH分泌過ぎで、希釈性低ナトリウム血症を引き起こしやすいです。エンドセリン、酸化窒素および他の血管拡張剤は低ナトリウム血症の進行に関与している。 また、肝硬変患者に対して、不適切なナトリウム制限、利尿方法、腹水穿刺も低ナトリウム血症を引き起こす可能性がある。

低ナトリウム血症治療の注意点:

低ナトリウム血症の補正速度。 補正速度の早すぎ場合は、神経学的後遺症の発生する可能性がある。補正速度が制限された場合、浸透性脱髄症候群を防止することができる。お薦めの補正速度は≤ 8mmol / L/DAY、尿中排泄量およびナトリウム濃度も頻繁に検出してください。

水制限。希釈性低ナトリウム血症: 水制限は血清ナトリウムのさらに低下を防止できますが、それも改善されたナトリウム・水貯留状態に副作用があります。大部分の患者は厳密な水の制限を耐えることができません。

ナトリウムの高張液。 ナトリウムの高張液は、部分的に低ナトリウム血症を改善するが、維持時間が長くない、重篤な浮腫および腹水を引き起こすことについて、注意してください。しかし、血清ナトリウム値は110mmol/ L以下になって、又は急速に減少した場合、適切に高張塩化ナトリウム溶液を補足することが必要です。

利尿薬。利尿薬の適切な使用は、低ナトリウム血症の発生を防止する重点です。近年、いくつかの研究では、薬剤の併用療法(例:フロセミドとスピロノラクトン)は、90%の肝硬変患者の腹水を制御することに対して、許容可能な程度を保つことができると示しました。患者の疾患状態は、利尿薬の有効性および安全性を影響する、例えば、アルコール性肝疾患患者は、低カリウム血症になりやすい、低カリウム血症が発生したら、フロセミドを停止する必要がある;肝臓移植や腎臓病の患者はスピロノラクトンの耐容性が低下で、高カリウム血症になりやすい、フロセミドの使用と組み合わせる必要がある。.

中枢神経系軽度異常の場合は、利尿剤療法および等張ナトリウム溶液の使用を継続すべきである。患者の意識状態が著しく改善されている場合は、高張食塩水で血清ナトリウム濃度を増加することができますが、フロセミドと高張食塩水、一緒に使用しないように。

水利尿薬。 水利尿薬の登場は肝硬変における、低ナトリウム血症の治療へ新い方向を示しました。しかし、それは、治療効果が長期的に持続することができない、患者の生存率も改善できない、又、高価である。長期的な治療有効性が次ぎの研究要点です。

関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved