肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 消化管出血

肝硬変の合併症:消化管出血

上部消化管出血

肝硬変は各種慢性病の最後の行き先です。肝硬変合併症の中では、門脈圧亢進症にともなう上部消化管出血が主な死因です。上部消化管出血の量と出血する時期は、想像以上です。患者が家にいる時、散歩している時、旅行中、会話している時など日常生活しているさまざまな時に、発生する可能性が高いです。病院に行って処置してもらわないと命を落とすかもしれません。そのため、肝硬変合併症である門脈圧亢進症を抱えてしまった患者は、自分自身で予防意識を高めて、適切な措置方法を知っておいたほうが良いです。

肝硬変上部消化管出血は、大体食道と胃底静脈の拡張や破裂によって出血します。

そのとき、消化性潰瘍、急性出血糜爛性胃炎など胃粘膜病変があるかどうかを調べるべきです。拡張した静脈の破裂による出血の原因は主に、加工が粗いものや硬いもの、鋭い角があるものを食したり、食道が胃酸逆流によって侵食されたり、強烈な嘔吐をしたりすることが原因だと考えられます。吐血以外に黒い大便を排出することもあります。出血の量が多い時は、ショックを引き起こすことがあります。

肝臓が長期欠血欠酸の状態だと、肝機能が衰えていきます。出血すると、血漿のタンパク質が失われます。それらによって、腹水を引き起こします。

血液が腸内のバイキンに分解され、それによって発生したアンモニアが腸粘膜に吸収されてしまうと、肝性脳病を招き、死亡に至るかもしれません。

肝硬変上部消化管出血は末期肝硬変の症状です。末期肝硬変の患者の肝臓は代償機能がほぼ失っているため、予防が大事です。患者の肝臓機能が完全に萎縮してない場合は、基本的に治療できる可能性がありますので患者が絶望することはないです。養生片仔廣はさまざまな種類の肝機能異常をすみやかに改善できるので、お勧めします。 ▶ 詳細はこちらへ

肝硬変上部消化管出血患者は、一回治療を受けると、希望を失って絶望する可能性があります。人によって、焦り、いらだつなどの症状がみられます。そのときは、前向きの態度で、規則正しい生活を送り十分の睡眠を保障するべきです。長期的なストレスや過剰疲労をできるだけ避けて、硬すぎるもの、冷たすぎるもの、熱すぎるものなどを食べないように心かけてください。お酒とタバコは禁物です。胃に刺激をもたらす濃いお茶やコーヒーも使用しないようにしてください。また、定量な運動をして体質を鍛えるほうがいいでしょう。

患者が出血後、下記の状況が見られた場合は、直ちに病院に連れて行ったほうが良いです。

● 患者が異常な行動が取るようになったと感じた場合
● 患者の計算力が低下していると感じた場合
● 患者の両手が震えるように感じた場合

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved