肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home肝硬変を判断する症状って何?

早期肝硬変の診断

(一) 診断

代償性肝硬変の診断は難しくありませんが、早期発見は難しいです。病理学で肝硬変と診断された患者には、自覚症状をほとんど訴えないことが多く、僅かな消化器官の症状がわずかしか表れません。だから、単純に臨床症状から早期発見するのは難しいです。
早期診断に役立情報を述べます:
1.ウィルス性肝炎を患った方、長期的に栄養不良な方、長期的に飲酒されている方、慢性腸炎を患った方は必ず厳密に観察し、問診を受け早期発見に備えましょう。
2.原因不明の肝肥大や、肝臓質が硬く表面が滑らかではない方は、MRや内視鏡などの画像診断と組織をとって調べる肝生検診断により確定診断が必要です。

(二) 鑑別診断 鑑別診断時の考慮点

1.その他の原因が肝肥大を引き起こしていると考えられます。例えは、慢性肝炎、原発性の肝臓癌や脂肪浸潤など。
2.その他の原因が脾肥大を引き起こしていると考えられます。特にいわゆる特発性の門脈圧亢進症、その病理は肝臓内の門脈が繊維化し圧力が増え、臨床症状として、脾臓肥大、貧血、白血球と血小板の減少、胃腸出血などだと考えられます。晩期住血吸虫病にも肝臓内の門静脈閉塞と高圧、脾機能亢進症と腹水などの症状が表れるので、鑑別に注意すべきです。
3.他の原因が消化管出血を引き起こしていると考えられます、たとえば、消化性潰瘍、胃炎など。

初期肝硬変の臨床症状及び診断

以前、腹水や消化道出血などの症状が現れるまで、肝硬変の診断は一般的に行われてなかったため、早期治療のチャンスを逃していました。現在は、臨床にも、多くの肝繊維化に関する生化学標識があります。例えば、肝臓の繊維化マーカーとして、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、IV型コラーゲンのN末端ペプチド部分の7Sドメインを検出する検査があり、肝の繊維化の進展度を把握する指標として用いられます。これらの指標の標準値は病院や医者によって多少異なりますが、指標値が増えると、初期肝硬変の可能性があり、抗繊維化の早期治療をお勧めします。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved