肝硬変患者に対する食事療法
Home >肝硬変患者に対する食事療法

肝硬変患者に対する食事療法

肝硬変患者に対する食事療法は大切で、肝硬変に効く食材及びカリウムの補足など食事療法をここでご説明する。

キノコ
肝硬変は肝臓がんに移行する可能性が高いです。キノコはタンパク質、ビタミン、脂肪、多糖類、塩および他の栄養素を含有する;免疫力を高めて、癌予防作用が著しいです。肝硬変患者は医者さんの指導で多く食べたほうが良いです。

冬瓜

肝硬変は腹水など合併症があれば、治療が難しくなります。冬瓜はタンパク質、ビタミン、炭水化物、カロチン、粗繊維、カリウムなどの栄養素、特にカリウム含有量が高いもので、肝硬変腹水患者に効く食材です。

ほうれん草

ほうれん草は葉緑素が豊富で、酸塩基平衡を維持られ、肝機能を調節し、癌予防こともできます。

ニンジン
ビタミンAが肝臓保護に対して、重要な栄養素で、ニンジンは、ビタミンが豊富で、肝臓癌を予防するために、ニンジンを食べるのをお勧めします。

バナナ

バナナにカリウムと食物繊維が多くて、腸の蠕動運動を助けて、便秘解消に働きかける効果があります。肝硬変患者に対して、腸出血を予防できます。しかし、手術を受けた後肝硬変患者は適度にバナナを食べたほうが良いです。

みかん

みかんのビタミンE、ビタミンC等は肝細胞の保護、便秘解消、免疫増強効果が著しいです。みかんの白い筋(アルベト)は肝硬変の線維化抑制にききます。

カリウム

激しい嘔吐や下痢を伴う肝硬変では、カリウムは消化液から多く失う、肝腎症候群、肝性脳症、腸管麻痺と致命的な不整脈など合併症を誘発するので。食欲不振、嘔吐、下痢の時期、新鮮なキュウリジュース、リンゴジュースを飲むが必要です、厳しい場合、カリウム塩の補足も必要です。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved