肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 肝硬変の再生治療は線維化を改善

肝硬変の再生治療は線維化を改善

肝硬変患者に対して、肝臓繊維化を抑える治療法は限界だと言われますが、骨髄の細胞が肝臓に定着して、骨髄の細胞の一部が、肝臓の細胞に変化して、肝臓線維化を改善したことを示していた。

渋谷工業は山口大学と共同で肝臓を再生する治療法の研究成果が出ました。肝硬変患者の骨髄液から分離した骨髄細胞を投与し、骨髄液の採取量低減や全身麻酔から局所麻酔への変更を図る。細胞自動培養システムで骨髄細胞の培養技術を確立し、患者負担を軽減する肝硬変治療技術として、間もなく、臨床研究開始を目指す。

従来全身麻酔で大量(約400ミリリットル)の骨髄液を採取し、骨髄細胞を洗浄処理した後に投与しており、体力の弱い患者への実施は難しかったので、新技術は局所麻酔で30ミリリットルの骨髄液を患者から採取し、骨髄液中の骨髄細胞を無菌環境で培養して増殖した後に投与、肝臓細胞の再生につなげる。肝臓線維化も改善する。

今では、山形大と沖縄の民間病院、国立国際医療研究センターでも、この骨髄を使った再生治療の臨床研究が行われているほか、韓国やブラジル、エジプト、英国など海外でも治療が始まっている。

「許可が出たら、俺に最初に治療してくれ」。研究に取り組む真剣な姿を見ていた男性が、臨床研究の最初の患者になることに同意してくれた。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved