肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › C型肝炎の治療について、現段階のサマリ

C型肝炎の治療について、現段階のサマリ

現段階では、単一の薬剤で、すべてのHCV遺伝子型には100%の治癒率を得ることができません。C型肝炎に対して、主な治療方案は以下です。

ソフォスブビル(Sovaldi®)はNS5Bヌクレオシドーポリメラーゼ阻害剤の一つで、HCVのすべての遺伝子型の複製を阻害することができます。米国食品医薬品局(FDA)によって、遺伝子型2および3の治療薬として、リバビリンと併用する;遺伝子型1および4の治療薬として、インターフェロンおよびリバビリンと併用する。

Simeprevir(Olysio®)はNS3 /4Aプロテアーゼ阻害剤です。インターフェロンとリバビリンの併用療法の遺伝子型1aを承認されました。 Ledipasvir(NS5A阻害剤)とソフォスブビル(harvoni®)は、遺伝子型1感染症の治療薬として承認されました。

Ombitasvir、paritaprevir/リトナビルとdasabuvir(Viekira Pak®))の組み合わせは、非代償性肝硬変患者を含むHCV遺伝子型に感染された患者の治療に承認されました。

Simeprevirとソフォスブビルの組み合わせはFDAによって、遺伝子型1の患者の治療へ承認されました。最近、FDAも遺伝子型3と4のための新たな治療計画を承認しました。

Daclatasvirとソフォスブビル(Daklinza/Sovaldi®)の組み合わせは遺伝子型3に感染した患者の治療へ;遺伝子型4に感染した患者の治療のため、ombitasvir、paritaprevir、リトナビル(Technivie®)とリバビリンの併用です。

治療についてのお薦め:

遺伝子型1a→治療方法三つ
1.毎日の固定用量で、ledipasvirとソフォスブビルを併用して、12週間。
2.毎日の固定用量で、paritaprevir/ ombitasvir / ritonavirの組み合わせ+毎日dasabuvir2回、また、体重に応じて、リバビリンの併用も必要です。12週間。
3.毎日sofosbuvir、simeprevir (リバビリンの併用場合もある)、肝硬変の無い場合 12週間、肝硬変の場合 24週間

遺伝子型1b→治療方法三つ
1.毎日の固定用量で、ledipasvirとsofosbuvirの組み合わせで、12週間。
2.毎日の固定用量で、paritaprevir/ ombitasvir / ritonavirの組み合わせ+毎日dasabuvir2回、また、体重に応じて、リバビリンの併用も必要です。12週間。
3.毎日sofosbuvir、simeprevir (リバビリンの併用場合もある)、肝硬変の無い場合 12週間、肝硬変の場合 24週間

遺伝子型3:
1.毎日 sofosbuvir+体重に応じて、リバビリンの併用、24週間
2.毎日 sofosbuvir+体重に応じて、リバビリン+毎週インターフェロンの治療 12週

遺伝子型4:
1.毎日の固定用量で、ledipasvirとsofosbuvirの組み合わせで、12週間。
2.毎日の固定用量で、paritaprevir/ ombitasvir / ritonavirの組み合わせ+毎日dasabuvir2回、また、体重に応じて、リバビリンの併用も必要です。12週間。
3.毎日sofosbuvir+体重に応じて、リバビリンの併用治療、24週間
4.毎日sofosbuvir+体重に応じて、リバビリンの併用治療、+毎週インターフェロンの治療 12週
毎日sofosbuvir、simeprevir (リバビリンの併用場合もある)、12週間

遺伝子型5:
1.毎日sofosbuvir+体重に応じて、リバビリンの併用治療、+毎週インターフェロンの治療 12週
2.毎週リバビリン+インターフェロンの治療 48週

遺伝子型6:
1.毎日の固定用量で、ledipasvirとsofosbuvirの組み合わせで、12週間。
2.毎日sofosbuvir+体重に応じて、リバビリンの併用治療、+毎週インターフェロンの治療。

新しいDAAs薬の出現で、慢性HCV患者の治療効果を改善してきます。しかしながら、これらの新薬剤は全てのHCV遺伝子型の治療効果を促進するために、代償性肝硬変と非代償性肝硬変(同時腎疾患および肝移植を待った患者)患者に最良の治療法を開発するために、また大量の臨床研究が必要であり。

HCV Treatment:What Can I Do Now?What's Coming Next?Medscape,2015.から翻訳した内容で、ご参考まで。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved