肝臓がんの再発
Home 肝臓がんの再発

肝臓がんの再発

肝臓がんは、再発する確率が高いガンです。肝臓がんの再発とは治療により目に見える大きさの癌がなくなったあとに、再びがんが現れることを言います。

肝臓がんに対しては肝切除やラジオ波焼灼療法、エタノール注入療法や肝動脈塞栓術など治療法がありますが、、肝炎ウイルスを絶滅するものではありません。ウイルスが体内に残っていた場合、肝がんの再発可能性があります。また、ウイルスがいなくても、既に慢性肝障害を起こし、傷ついてしまった肝臓は、がんの再発する可能性が高いのです。例え根治したとしても、年に15~20%と高い割合で再発します。5年再発率は約8割にも上ります。それは、肝臓がんが主に肝炎ウイルスへの感染に由来する慢性肝疾患から生じるためです。そのため肝臓がんは非常に再発を繰り返しやすいがんです。

再発を抑えるために、インターフェロン治療など、さまざまな治療法が試みられていますが、まだ確立された方法はありません。ただし、再発を抑制する治療と、再発を早期発見する検査の充実によって、根治的な治療が可能な段階で発見される再発肝がんが増えているようです。

再発した肝がんに対しては条件が合えば肝切除やラジオ波焼灼療法、エタノール注入療法、肝動脈化学塞栓療法などを繰り返し行うことができます。

初期の肝がん(肝癌)であれば肝切除やラジオ波焼灼療法などにより完治も望めますが、肝臓がんの5年生存率は早期肝臓がんのステージ1でも55%、ステージ2では40%程度、ステージ3では25%という数字からもご理解いただけるように多くの場合治療をしただけでは進行を抑え続けることは困難ですし、進行してしまった肝臓がん(肝臓癌)の場合には、予後が悪いのは事実です。

早期の肝臓がん(肝臓癌)であれば「根治治療」といって、「治る」ことを目標に治療計画を立てますが、「根治治療」も基本的には、肝がんの病状進行の可能性を下げるための治療であって、転移や再発を100%防ぐことはできないのです。

食生活を含めた生活習慣を変えていくことも大切ですし、肝臓がん(肝臓癌)が発生してしまった体を変えていくことも大切なことになってきます。肝がん(肝癌)を手術で切除した、あるいはラジオ波焼灼療法で焼き切った、塞栓術で兵糧攻めにしたから病気が治ったのではなくカラダ全体が少しでも良い方向に向かうように考えていく必要があります。

*養生片仔廣の肝腫瘍性病変(肝臓癌)の形成に対する抑制効果

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved