肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 腹部膨満感と肝硬変

肝硬変と腹部膨満感

腹部膨満感原因

腹部膨満感は肝硬変患者の一般的な症状です。患者は午後や夕食後腹部膨満状態になってしまう。肝硬変になると胆汁と膵臓の消化液の分泌が異常で、脂肪とタンパク質の消化と吸収画影響され、又、非代償期肝硬変患者の門脈血の流れが悪くなり、胃や腸に鬱血するため、腸の動きが悪くなってガスが溜まりやすくなります。ガスの吸収も妨げられて、お腹が張ってきます。これが腹部膨満感の原因です。

肝硬変が進行して肝臓の予備能力が低下すると「非代償期の肝硬変」になり、消化器の症状を中心にしたさまざまな不定愁訴が現われるようになります。 そして黄疸や腹水、消化吸収障害、浮腫が出やすくなり、それらも腹部膨満感の一つ原因になります。

ただし、腹部膨満感は肝臓病に特異的なものではありませんから、お腹が張ってガスばかり出るからといって、それが必ずしも肝硬変の症状だとは断定できません。これは吐き気や悪心などにもいえることです。

症状緩和方法:漢方の外用では、呉茱萸(ゴシュユ)と炒塩で腹部を温めると腹部膨満(気脹)に効果あり。呉茱萸(ゴシュユ)250グラムを粗塩500グラムで炒めて、熱くなると、布袋に入れて、臍を中心に腹部を温めてください。毎日 2回、毎回30分。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved