肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home肝硬変を抑えて、肝線維化を抑制

治療で肝硬変を抑えて、肝線維化を抑制することは可能

肝硬変患者の症状は場合によって、軽重度が違います。その中で、活動性非代償期患者の症状が最も重度です。肝硬変患者が肝ガンになる確率も非常に高いです。肝炎→肝硬変→肝ガンという発展はよくあるパターンだと言えます。肝硬変が慢性肝炎の末期とも言えますので、様々な合併症を引き起こし、命を落とす可能性もありえます。

今まで、患者の中や医学界でも、肝硬変という病気は治せない病気というイメージが強かったです。これが肝硬変患者に予想以上の不安や恐れをもたらしてしまいます。

実は、肝硬変は治せない病ではないのです。最新の研究では、肝硬変は薬やほかの治療方法によって、症状を抑えることが可能であることが判明しました。

多くの肝硬変患者の臨床観察では、ある患者の症状が末期に入った後、適切な治療や療養した過程に、症状も安定することが判明しています。肝硬変患者の中で、何年間もの治療や療養によって、肝硬変が完全に治ったこともあります。

これらの事例は医学界では、病例として研究されています。この研究では、肝硬変とは完治することも可能だし、症状を抑えることが可能ということが医学的に証明されました。

肝硬変完治させるときは、病因の治療と病状の治療両方行うべきです。病因の治療とは、肝硬変になった源を探して出して、それを治療することです。肝硬変を引き起こす原因は、様々ですが、それらの原因を探し出して、最初はこれを治療することが根本になります。たとえば、B型肝炎やC型肝炎が原因で肝硬変になった場合は、B型やC型肝炎ウィルスをなくす治療をしておくことが優先されます。そのとき、できるだけ早いうちに治療してもらいましょう。

臨床研究で、養生片仔癀という漢方薬には、肝機能を正常化にする効果や、門静脈亢進を低下させる効果、脾肝臓縮小、肝線維化を抑制させるなどの効果があることが証明されました。

病因が様々な肝硬変は、肝臓病の末期病状ともいえます。ただし、肝硬変患者がそれほど気にすることはありません。肝硬変になったことで、悲観的な生活態度になってはいけません。合理的に規則正しい生活を心がけて適切な治療を行っていれば、大体症状を抑えることが可能のうえ、完治することもあり得ます。

肝硬変患者は以下のことを注意してください。
1. 前向きで楽観的な態度で病魔と向き合うこと
2. 心理調節をして自信を無くさないこと
3. 強い意志で未来に自信を持って生きること
4. 医学を信じて、お医者さんの言うことに忠実に従うこと

現在の医療技術は,日々進化しつつあります。むかし治せない病気といわれてきたものは、現在になって、治療できるようになっています。さらに、近年、肝硬変について、多くの医学研究者たちは何度も研究や実験をしており、肝線維化や肝硬変は適切な治療さえすれば、症状を抑えることは可能という結論を出しています。

そのため、肝硬変を怖がらず、前向きに戦いましょう。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved