肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 転移性肝臓がん治療ーPEIT(経皮的エタノール注入療法)

転移性肝臓がん治療ーPEIT(経皮的エタノール注入療法)

転移性肝臓がん患者は原発性肝臓がん患者より感受性が高くて、経皮的エタノール注入療法(PEIT;percutaneous ethernol injection for therapy)で、肝臓がん末期患者の生存期間を延長できる。本治療法は日本で発明された、技術が簡便で局注針もエタノールも高くないであったため,瞬く間に日本のみならず世界へと広がり、治療原理は以下です。

1.注入したエタノールは強力な脱水凝固作用があって、細胞内に拡散して、腫瘍細胞を壊死できる。
2.癌細胞の高分子活性物質(例:腫瘍血管新生因子)を壊死できる。
3.腫瘍血管、肉芽組織、線維組織と血管内血栓の形成を抑制できる。

最初、PEITは主に直径3cm以下の肝臓腫瘍に使用されました。体積の小さい肝臓腫瘍の成分が単一ですから、エタノールは細胞内に浸透しやすくて、腫瘍細胞を最大限度に壊死できる。しかし、中期、末期の肝臓がんに対して、腫瘍の多発或いは腫瘍細胞のエンベロープ外浸潤、腫瘍細胞成分の複雑化(例:多くの間質結合組織で、腫瘍内に均一に拡散せず,治療効果が影響される)などで、腫瘍の残存と局所再発の問題が残った。

原発性肝癌と転移性肝癌は生物学特性が異なる。原発性肝癌の血液供給がもっと豊富で、PEIT療法なら、血管内でエタノールの分散度が高くて、吐き気、嘔吐、上部消化管出血および他の副作用を引き起こす。転移性肝腫瘍の場合:直径1.5cm以下→門脈から血液提供があまり著しくない、直径2cm以上→門脈と肝動脈の共同血液供給がある、また、大部分の転移性肝癌が腫瘍周辺血流(バイパス)を特性とする、副作用も比較的に少ない。

PEITは 欠点がありますが、副作用が少なくて、腫瘍の進行を抑制して、比較的安定した治療効果が出ているので、それによって、患者の生存を延長し、肝機能損害の軽減作用が著しいである。特に肝臓がん末期患者対して、PEITは積極的な治療手段の一つである。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
  • 参考資料:

    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved