肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 年間3万人が死ぬC型肝炎,肝硬変 遺伝子により発症リスクに2倍の差

年間3万人が死ぬC型肝炎,肝硬変 遺伝子により発症リスクに2倍の差

C型肝炎はC型肝炎ウイルス(HCV)の感染により起こる肝臓の病気で、感染すると約70%が持続感染者となる。日本国内には約150万人(2011年)のC型肝炎ウイルス保持感染者がいると推計されており、慢性肝炎、肝硬変、肝がんに進行する可能性がある。

肝がんによる死亡者数は、年間3万人以上に上り、慢性肝炎から肝がんになるリスクが高いのは一般的に、女性より男性、飲酒習慣のある人、若い人より高齢者、肥満傾向の人、肝線維化が進んでいる人といわれる。  2001年から、広島大学と独立行政法人理化学研究所が共同でC型慢性肝炎患者を対象に遺伝子解析からアプローチする研究が行なわれ、2011年に結果が発表された。広島大学大学院医歯薬学総合研究科の茶山一彰教授に話を聞いた。

「C型慢性肝炎患者で肝がんを発症した212人と、発症しなかった765人の2グループで遺伝子を解析しました。約30億対の遺伝子の中で個別の体質に関係するSNP(遺伝子のゲノム塩基に見られる変異)を調べた結果、DEPDC5遺伝子多型が肝がん発症に係わっていることを発見しました」  ヒトの遺伝子の塩基配列(A・T・C・Gの並び)は99.9%同じだが、個人個人の塩基配列を比較すると、ところどころ違っている。例えばお酒を分解する能力がある人とない人のような、いわゆる体質の違いはSNPという個人のわずかな塩基配列の違いから起こる。   そこで肝がんを発症した710人と発症しなかった1625人の合計2355人のC型慢性肝炎のグループについても調べたところ、1回目と同様にDEPDC5遺伝多型が肝がん発症に強く関係していることがわかった。この遺伝子を持っていると発症リスクが約2倍になる。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved