肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › B型・C型肝炎:患者ら交流相談会 全国センター県支部主催 /秋田

B型・C型肝炎:患者ら交流相談会 全国センター県支部主催 /秋田

B、C型肝炎患者とその家族や遺族らで作る「すべての肝炎患者の救済を求める全国センター」(新潟市)の県支部「秋田の会」が21日、秋田市の県社会福祉会館で交流相談会を開き、患者ら15人がそれぞれの症状や治療法などを話し合った。

同会は昨年6月に結成し、会員数は約100人。47都道府県すべてに同様の会が発足している。交流会では同センターの児玉義明事務局長(65)が参加者一人一人の話を聞いてアドバイスを送った。また、すべての患者に補償金を支払うことなどを国に求める請願署名の説明や、他県で実施されている救済策を紹介。児玉事務局長は「患者同士が心を開いて活動することで道が開ける。1日も早く誰もが救われる仕組みが作られるよう、みんなで協力し合っていきましょう」と呼びかけた。

C型肝炎患者の夫が5年前に肝臓がんになったという秋田市の臨床検査技師の女性(61)は「医療関係者として本当はもっと早く立ち上がらなければいけなかった。こうして教え導いてもらい、本当にありがたい。今後は積極的に協力したい」と話した。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved