肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 脂肪肝治療法について

C型肝炎治療法について

インターフェロン治療が一番よく見られるC型肝炎治療法であり、関係の研究によれば、C型肝炎治療上、この抗ウィルス療法を続けるかどうかが肝要である。また、インターフェロン治療では副作用の発生率がかなり高いため、その副作用に対する予防法、対策法が高いC型肝炎治癒率にはとても重要である。最も多く見られるインターフェロン治療による副作用の一つとしては、白血球と血小板の減少のような「骨髄抑制」が挙げられる。C型肝炎で、肝硬変に脾機能亢進症が伴っている患者には、ヘモグロビン、特に白血球と血小板が減少する傾向にあるために注意が必要である。それらが大幅に減少した場合は、インターフェロンの投与量を少なくしなけらばいけない。また、インターフェロン治療中、必要に応じて副作用に効いて免疫力を強化する治療薬やサプリメントを投与することが可能で、そのより良い治療効果が期待される。
現在、C型肝炎ワクチンがまだ開発されていない。この中にだれにでもC型肝炎ウィルスに感染する危険性がある。一方、C型肝炎ウィルスに感染しても、半年後に体内のC型肝炎ウィルスが完全に排出されてC型肝炎が発症しない人がいる。これは、体の免疫システムが大きな役割を果たしているからである。

*「養生片仔廣」で肝機能が復活!

「養生片仔廣」とは、「食」の分野について研究を重ねた結果誕生した優れた養生食品であり、現代医学の弱点や見落してきた点を補い肝臓病の克服を実現する為の有効な手段となり得るものと確信をもっております。
効果:脂肪肝、肝炎と肝硬変の場合、GPTを年間平均70単位未満を維持すると癌の危険性が少なくなる、GPTとGOTを正常の範囲に抑えることが大切になります。
養生片仔廣は短期間でGPTとGOT値を改善できます。但し、GPTの数値が下がっても、肝臓病の完治というわけではありませんが、肝臓病では疲れやすい、不眠、食欲不振などの症状をよく改善できます。
肝臓線維化とは肝細胞が壊死して、肝硬変が進行することです。養生片仔廣は肝臓の線維化も改善でき、この線維化の進んだ肝臓が正常な状態に戻って行くことを明らかにしました。▶ 詳細はこちらへ

*C型肝炎治療に必要な免疫力の強化についての5ヵ条
①良好な睡眠。これでは白血球が増え、マグロファージが活性化し、肝臓の解毒機能が強化される。
②楽観的にC型肝炎と闘おう。病気からのプレッシャーでは、人体免疫力を抑制するホルモンがより多く分泌することになる。
③飲酒制限。
④よく運動をする。週に5回、毎回30~45分間、12週続けて運動をすると、免疫細胞が増加して免疫レベルが強くなるという。
⑤免疫力の強化に効く食物を摂取する。
霊芝(レイシ)、新鮮な大根、高麗人参ローヤルゼリー、キノコやヤマブシタケやクロキクラゲ・シロキクラゲ、シイタケなどが挙げられる。
霊芝(レイシ)は抗がん物質を含んでおり、新陳代謝を助けて細胞の老化を緩和することができる。これだけでは免疫力が強化される。
新鮮な大根はインターフェロンを誘導する物質を含んで免疫作用を持つ。
高麗人参ローヤルゼリーは同じく抗がん物質を含んでおり、免疫力の強化、と内分泌の調節を助ける。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved