肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › C型肝炎症状について

C型肝炎症状について

*C型肝炎は80*C型肝炎は80%の患者に自覚症状が現われない
C型肝炎は慢性進行性疾患で、肝臓への破壊が持続的である。C型肝炎ウィルスに感染したC型肝炎患者には、ほとんど臨床症状が現われない。急性C型肝炎は通常、症状が軽症で、または症状がない。C型肝炎は急性から慢性に転移すると、長い時期に何の症状も見られない。しかし、C型肝炎ウィルスによる肝臓への破壊が常にされている。ほとんどの場合、症状が現われたのは、すでにC型肝炎が肝硬変や肝がんまでに悪化していた。
C型肝炎症状が現われないだけでは、病気の進行がよく注意されない。C型肝炎の治療は早期でないと、肝硬変や肝がんまでに悪化する可能性が大きい。関係のデータによると、肝臓病の中で、C型肝炎による肝硬変の死亡率が最も高いことが分かっている。
一方、それより注目を集めるべきなのは、C型肝炎ウィルスに感染した患者は、50~85%がC型肝炎から慢性C型肝炎に転移することである。慢性C型肝炎であると、適切な早期治療を受けられなければ、10~30%が肝硬変に進行してしまう。さらにその中の3~10%は肝細胞がんなどに進行してしまう。したがって、正しくC型肝炎症状を知るのがとても重要である。

*C型肝炎ウインドウピリオド(空白期間)
1回だけのC型肝炎抗体検査では、結果が陰性であってもC型肝炎ウィルスに感染していないと診断することができない。それは、C型肝炎ウィルスがRNAウィルスで、変異が発生しやいからである。C型肝炎ウィルスに感染したときから、抗体ができるまでの間をウインドウピリオドという。ウインドウピリオドでは、C型肝炎ウィルスに感染しても、ウィルス抗体がすぐに安定できないため、検査でも抗体が陰性にしか見えない。
現在、C型肝炎抗原を発現できる検査法がまだ開発されていない。したがって、C型肝炎の診断は、B型肝炎のウィルス抗原の検査による診断法と違い、ウィルス抗体の検査によるしかない。しかし、ウインドウピリオドがあるため、1回だけのC型肝炎ウィルス抗体検査では、結果が陰性であってもC型肝炎ウィルスに感染していないことを意味しない。3~6ヶ月のウインドウピリオドが過ぎてからの2回目の検査が必要である。

*気付かれにくいC型肝炎の臨床症状
通常、C型肝炎には2~26週間、平均7.4週間の潜伏期がある。C型肝炎症状が気付かれにくく、臨床上では症状が現われていても気付かれないことがよく見られる。ここでは、次のように急性C型肝炎と慢性C型肝炎の症状を挙げている。
急性C型肝炎
①急性黄疸性C型肝炎について
C型肝炎は発症するまで時間が相対的長く、部分C型肝炎患者にしか発熱の症状が現われない。また、一部のC型肝炎患者には、主に風邪症状と似ている頭痛、発熱と手足がこるなどが現れる。急性黄疸性C型肝炎の主な症状としては全身倦怠感、食欲がない、嘔吐、腹脹れ、患部の痛み、尿の色が濃くなる、及び肝機能異常でALT(GPT)値が上昇するなどが挙げられる。C型肝炎は、病気がある程度に進行すると、発熱などの自覚症状が逆になくなり、その後、黄疸が現われるという。部分C型肝炎患者には、一時的な糞便の色が浅くなる、皮膚に痒み、徐脈などの閉塞性黄疸症状がある。それに肝臓の腫大、軽症脾臓腫大などが伴う例もある。肝機能検査では、ALT(GPT)値とビリルビン値の上昇、尿ビリルビンが陽性とのことが見られる。病気がさらに進行すると、C型肝炎症状、黄疸、肝臓と脾臓の腫大などがなくなって肝機能が正常へと変わる。
②急性無黄疸性C型肝炎について
急性無黄疸性C型肝炎症状は、黄疸の症状がないこと以外、急性黄疸性C型肝炎のととても似ている。両者で比べると、黄疸性C型肝炎のほうは発症が気付かれにくく、症状も軽症で、主に同じく全身倦怠感、嘔吐、腹脹れ、肝臓の腫大などが挙げられる。しかし、臨床上では無黄疸性C型肝炎のほうは発症率が高く、三分の二を占めている。また、急性C型肝炎は急性A型肝炎、急性B型肝炎より症状が軽い、または症状が現われない。ほとんどのC型肝炎患者には、発熱なども現れなく、血清ALT(GPT)値の上昇もそれほど著しくなく、急性黄疸性の場合では血清ビリルビン値が52umol/L未満となる。
慢性C型肝炎
C型肝炎が慢性になる確率が50%である。急性C型肝炎が半年を越えている患者や、C型肝炎ウィルスが体内に存在して肝炎症状が再発した人や、肝機能が異常な患者、及び肝炎歴がなくても、組織学検査などで慢性C型肝炎傾向にあると診断された人に慢性C型肝炎になりやすい。 慢性C型肝炎症状は倦怠感、めまい、食欲がない、尿の色が黄色っぽくなる、患部の痛み、軽症の肝臓腫大と脾臓腫大などがある。部分慢性C型肝炎患者には自覚症状が現われない。重症慢性C型肝炎の場合は、ALT(GPT)とAST(GOT) の値の持続上昇などが見られる。

*C型肝炎ハイリスク群
●輸血したことがある人々。
●原因不明の肝機能異常患者。
●誰かとカミソリや歯ブラシを共用で使ったことがある人。
●歯医者や看護士や美容師もC型肝炎ハイリスク群とされている。

*C型肝炎と皮膚疾患の合併
C型肝炎は自覚症状が現われないが、次のような皮膚疾患の合併症を引き起こす可能性があり、これではC型肝炎の診断を助けられると期待されている。
蕁麻疹(ジンマシン)の反復発症、全身性掻痒、扁平苔癬、乾燥症候群、遅延性皮膚ポルフィリン症…

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved