肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 末期患者はどのように余命を伸ばす

肝硬変末期患者はどうやって余命を伸ばすの

肝硬変の患者がもっとも関心を持っている問題の一つは、肝硬変末期になったら、余命はどのぐらいでしょうということです。臨床研究では、腫瘍ができた患者の生存率は医者と親戚が最も注意していることです。そして、研究者たちは肝硬変患者が飲食で注意しないといけないことは下記のようであると発表しています。

1.肝硬変患者は出血することを予防しないといけませんので、飲食でも注意してください。マグロ、イワシ、さんま、さばなどはできるだけたべないようにしてください。これらの魚を食べてしまうと、血小板を低下させ、出血を引き起こす可能性があります。

2.肝硬変患者の飲食は、柔らかいものや加工してあるものがいい、消化しやすいものを中心とするべきです。これは、胃と食道に与える刺激を極力小さくするためです。肝硬変末期患者の食道の大出血による死亡率が非常に高いです。

また、1回の量を減らして食べる回数を増やすべきという意見もあります。そして、揚げ物や、硬い物、干物などもたべないようにしてください。飲酒は絶対禁止です。

3.肝硬変患者には、塩分の摂取制限があります。塩分を一日1~2グラム前後摂取するのが目安です。腹水症状がある場合は、水の摂取も制限するべきです。腹水症状がある場合、摂取する水は、毎日1000mlの水を超えないようにしてください。

塩分と水を制限することによって、ある患者が自発性の排尿することもあるうえ、腹水の症状もよくなったこともあります。医者さんの指導のもとで自分にあった制限方法を決めてもらいましょう。

*「養生片仔廣」で肝機能が復活!

「養生片仔廣」とは、「食」の分野について研究を重ねた結果誕生した優れた養生食品であり、現代医学の弱点や見落してきた点を補い肝臓病の克服を実現する為の有効な手段となり得るものと確信をもっております。
効果:脂肪肝、肝炎と肝硬変の場合、GPTを年間平均70単位未満を維持すると癌の危険性が少なくなる、GPTとGOTを正常の範囲に抑えることが大切になります。
養生片仔廣は短期間でGPTとGOT値を改善できます。但し、GPTの数値が下がっても、肝臓病の完治というわけではありませんが、肝臓病では疲れやすい、不眠、食欲不振などの症状をよく改善できます。
肝臓線維化とは肝細胞が壊死して、肝硬変が進行することです。養生片仔廣は肝臓の線維化も改善でき、この線維化の進んだ肝臓が正常な状態に戻って行くことを明らかにしました。▶ 詳細はこちらへ

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved