肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 肝硬変患者が便秘のときは

肝硬変患者が便秘のときはどうするの

食物が胃腸に入った後、ジアスターゼや腸内バイキンによって、発酵、吸収されて、門静脈を通し肝臓に搬送され加工されて、人体に必要とされる各物質になります。それと同時に、必要がない有害物質を体内から排除する働きもしています。

肝硬変患者の肝臓は異常になっているので、肝臓のデドックス能力が低下していて、患者が長期的に便秘することがあります。便秘する時期が長くなるほど、体内の有害物質が腸内に溜まり、体内毒素が形成されて毒性物質が増加します。これによって、肝臓の負担がもっと重くなり、肝臓へのダメージがもっとひどくなり、肝障害が加速してしまいます。また、血液の中にも毒素が増えてきて、これらの毒素が血液の流れとともに、脳まで搬送されることもあり得ます。そうなると、脳内の組織にも損傷をもたらす上、肝性脳症を引き起こしたりして、行動異常や反応が鈍くなったりします。

それでは、肝硬変患者が便秘になったときはどうすればいいでしょう。

専門家は、便秘になった肝硬変患者には下記のようなアドバイスをしてくれました。

便秘習慣がある患者は、繊維が多く入っている野菜を多く食べるべきです。たとえば、白菜、チンゲン菜、ほうれん草など。でも、消化管出血などを引き起こす可能性がありますので、セロリと生の大根など硬い野菜は食べないようにしてください。肝硬変患者は定期的な排便する習慣をつけることが大事です。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved