肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 肝硬変患者が疲れやすいのはどうして

肝硬変患者が疲れやすいのはどうして

だるいとは、人が疲れを感じやすい、体力がなくて精神状態が不安定を感じたりすることを指します。だるさの軽重によって、体力が全然ないと感じることも多いです。これが肝臓の働きと直接関係しています。体力がないと感じる原因は下記のようです。

長期的に食欲がなく、あまり物を食べてないと、摂取したカロリーが足りなくなり、自身の栄養を供給できなくなります。

肝機能が異常になり、炭水化物、蛋白質、脂肪などの中間代謝の障害が生じ、エネルギー不足が起こります。肝損傷や胆汁排出が順調ではないとき、アルカリ脂酵素が減少し、神経や筋肉の正常な生理機能に影響を与えます。

肝硬変の場合、乳酸が肝糖分に転換する過程で障害が生じて、筋肉が活動後、乳酸が体内に溜まりすぎてだるさを感じたりします。また、肝硬変の場合は、ビタミンEの吸収も出来なくなっているため、栄養性筋肉萎縮や筋肉無力を起します。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved