肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › ベートーベンと肝硬変

ベートーベンと肝硬変

1827年3月26日偉大なる音楽家ベートーベン氏が亡くなられました。亡くなった時、交響曲第10番という未完成の作品を世の中に残したままでした。

ベートーベン氏が亡くなった次の日、遺体の全面的な分析をした結果、肝臓が成人より明らかに縮小しているうえ、革のように硬くなっていて、表面に大きさが様々な結節組織があることが判明しました。この結果や亡くなる直前に腹水があったこと、何度も食道から出血したことによって、専門家たちは、ベートーベン氏の命をとった悪魔が、肝硬変であると判断しました。ベートーベン氏が肝硬変になった原因は、飲酒習慣に関係があると言われています。

多くの欧米人は酒をすごく好んで飲んでいます。そのため、アルコール性肝硬変の発病率が非常に高いです。多数のアルコール性肝硬変患者は、最初の段階では自分でも気づかず、普通の生活を送っていることが多いです。その普通の生活の中で、ほかの疾病にかかってしまい、その疾病を検査してもらうとき、自分が肝硬変であることがわかったケースが多く見られます。これは、肝臓に非常に強い代償と再生機能があって、肝硬変非代償期に入ってから、自分でも気になる症状が出るからです。ベートーベン氏も、肝硬変非代償期の様々な症状と戦っていたようです。黄疸に何度も脅かされ、腹水が多すぎて呼吸できなくなったこともありました。腹水が多いため、定期的に病院に行って腹水を取り出してもらい、毎回何リットルもの黄色の液体を取り出していたそうです。

1824年には、ベートーベンが食道静脈の破裂による大出血で医者のお世話になったこともあるそうです。肝硬変の典型的な合併症である黄疸、腹水、消化管出血などをベートーベンは全部体験したそうです。

最近の20年の間に、肝移植技術の発展と熟成によって、肝硬変非代償期の患者やさまざまな肝硬変の合併症(肝衰弱など)に悩まされてきた患者に希望を与えてくれました。肝硬変を薬で完治することは、ほぼ不可能と言われているので、肝移植は肝硬変患者にとって、根本的な治療といえます。肝移植手術の成功率は90%以上で、命を5年間延ばせる確率は80%以上です。残念ながら、ベートーベン氏の時代には、肝移植技術がまだありませんでした。その時代に肝移植技術があったら、ベートーベン氏の命がもっと長くなっていた上、完成した交響曲第10番も世の中の人々を楽しませていたでしょう。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved