肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 肝硬変と肝線維化の区別は何ですか?

肝硬変と肝線維化の区別は何ですか?

線維化とは一種の結果ではなく、決して独立した疾病ではありません。線維化は、各種肝炎が肝硬変になる過程で、必ず通らなければならない道です。

慢性肝臓病によって、肝細胞は壊死します。その後、肝臓内のコラーゲン線維化を伴わない結節組織が過剰に増殖して、正常で柔軟であった肝臓がだんだん硬くなります。

線維化の過程は、コラーゲン繊維合成過程です。コラーゲンの合成が多すぎたり、分解が抑制されたりすると、線維化に発展する可能性があります。その一方、合成が適切に抑制され、分解が強化されると、線維化が減少します。

肝硬変と線維化は、肝臓病発展の違う段階になります。その一方、この二つの段階が継続していて、分けておくことはできません。線維化は肝硬変の前期段階と言えます。大量の線維組織が増殖して、肝臓の左右葉が壊れていないなら、肝線維化とされ、その線維組織の発展が続き肝臓の左右葉が壊れてくると肝に損傷をもたらします。これが肝硬変と呼ばれている病気です。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る »
    Copyright ⓒ 2013 XUFENG-INFO All Rights Reserved