肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 肝硬変は細胞治療時代に入りました

肝硬変は細胞治療時代に入りました

20世紀を薬物治療の時代といえば、21世紀は細胞治療の時代と言えます。自体骨髄幹細胞移植で肝硬変を治療することは、私たちに細胞治療の時代がはじまったことを教えてくれました。

自体骨髄幹細胞移植で肝硬変を治療方法は、現在最も最先端の肝臓病治療技術です。この技術の成功は、肝臓病治療が新しい時代を迎えたことを証明しています。自体骨髄幹細胞移植で肝硬変を治療すれば、根本的に、ウィルスを駆除できるうえ、肝硬変の症状を抑える効果が著しく、肝臓病患者の命を落とす確率をぐんと低くしてくれます。自体骨髄幹細胞移植技術とは、自体の骨髄細胞を利用して、病があるところにそれを移植する方法を指しています。そのため、根本から病気を治してくれます。この技術は、唯一肝移植と平行できる肝硬変を治療する新しい技術とも言えます。

数多くの肝硬変末期患者は、肝臓移植を望んでいます。肝臓移植は、末期肝硬変患者のもっとも理想的な治療になっていますが、ドナーの数に限りがあることや、手術後の不良反応などによって、免疫抑制剤を一生服用しないといけなくなります。そのうえ、高額の医療費などの原因で、本当に移植を受けられる方が限られてくるし、手術受けても完治まで至らないことがあるので、肝臓移植で肝硬変を治療することはそれほどまで普及しておりません。

大量の臨床と臨床前の研究では、自体骨髄幹細胞が肝臓内に移植された後、肝細胞になる確率が非常に高く、肝臓機能の修復と再造もできるうえ、肝機能を改善する機能も正常に果せると判明されています。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved