肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 肝硬変は細胞治療時代に入りました

研究報告:養生片仔廣&脂肪肝:有効改善性の確認

養生片仔廣が脂肪肝患者を改善対象にした医薬品開発に使用される無作為抽出二重盲検プラセボ対照試験法を用いる臨床試験研肝機能の重要な指標であるGPT、GOT値を改善し、非アルコール性脂肪肝(NASH)に対する養生片仔廣の有効改善性が確認された。 この研究結果は68年の歴史をもつ世界的に最も権威のある医学雑誌の1つである【ダイジェスティブ・ディジーズ・アンド・サイエンス<消化器の疾病と科学>のVol. 51、No. 7(2006年7月)、1183-1189ページ((c) 2006年)】に詳細に報告されて世界的に注目されています。

●研究の概要
非アルコール性脂肪肝は一般的な疾患で、発生が増加傾向にある。肝硬変へ進行する例もあり、死亡の可能性や肝臓移植が必要になる場合もある。現在のところ、非アルコール性脂肪肝(NASH)の完治療法はない。 トランスアミナーゼの改善は非アルコール性脂肪肝の肝組織の改善と重要な関連があり、本試験では養生片仔廣の非アルコール性脂肪肝に対する効果を検討した。 肝生検によって非アルコール性脂肪肝(NASH)であることが確認され、GPT,GOTが慢性的に異常値を示している患者を対象に、無作為抽出二重盲検プラセボ対照試験によるパイロット研究を実施し、養生片仔廣が患者のトランスアミナーゼ値やクオリティ・オブ・ライフ(QoL)に与える影響を調べた。 患者は計8名で、無作為抽出により養生片仔廣もしくはプラセボを8週間投与した。基準値測定時ならびに第4週、第8週、第12週にGPTとGOT値について測定した。 養生片仔廣投与の5名は全員、第4週、第8週にGPTが基準値に比べ著しく低下したが、プラセボ投与群では低下した者は皆無だった。 養生片仔廣の投与を停止すると、第12週にGPTは基準値へと戻った。また、投与群はプラセボ投与群と比べると、有意ではないが、 GOT値の低下も認められた。 QoLへの影響は認められず、深刻な副作用も報告されなかった。

対照試験による本研究の結果、養生片仔癀は、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)患者のGpT値の低下に有効改善であることが判明した。 養生片仔廣の非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)に対する改善効果は、更なる研究を行うことにより確認されることが期待される。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved