肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 門脈圧亢進症

肝硬変合併症状:門脈圧亢進症

門脈は腸、脾臓など腹腔臓器から集められた血液を肝臓に運ぶ大きな静脈です。門脈と肝動脈から運ばれた血液は肝臓で代謝され、肝静脈を経て下大静脈から全身の血液循環に合流します。門脈圧亢進症は、門脈から下大動脈の経路に狭窄や閉塞が起こり、血液が門脈に滞って、門脈圧が上昇した状態です。その原因の多くは肝硬変です。他にも先天的門脈の狭窄や他の病気によって、門脈が圧迫されるケースもあります。門脈は肝臓に入り込めないので下大動脈に流れるために迂回路を探します。その時、迂回路に使われやすいのが食道下端の静脈で、瘤を形成したものが食道静脈瘤です。門脈圧亢進症で、腹壁や食道の静脈拡張が出ます。脾臓肥大と脾臓機能の亢進、肝機能非代償や腹水などの症状が出る可能性もあります。

門静脈亢進症によって、大出血を引き起こさないために、肝硬変患者は下記のことを注意しないといけません。

  • 規則正しい生活をしてください。激しい運動はしないでください。できるだけ横になって安静にしてください。血液回流に良いリズムがある深呼吸をしてください。
  • 飲食を制限してください。消化やすく栄養たっぷりのものを食べてください。硬いものや、粗いものをできるだけ食べないようにしてください。
  • 多くの患者は腹水があるので、食塩を少なめに摂取してください。肝昏睡が起こってないときは、蛋白質を多めに摂取してください。
  • 腹圧に増加する可能性がある一切の運動をしないでください。たとえば、嘔吐、便秘、咳、大笑い、力が入る一切の行動。
  • 定期的に専門医院で検査してください。必要な時、食道や内視鏡の検査をして静脈拡張の状態を確認してください。定量に門静脈の圧を下げる薬物を服用してください。

要するに、肝硬変門静脈亢進症には、心を揺るがしてはいけません。放っておくと、想像もつかない結果がでるかもしれません。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved