肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 抗生物質薬を少なく服用するべき

肝硬変→抗生物質薬を少なく服用するべき

肝硬変患者はできるだけ抗生物質薬を少なく服用するべきです。

私たちの肝臓は、加工工場みたいなものです。私たちが食べた食べ物などが食道や腸を通り体内に入って、血液の中の栄養分になり、体内の隅々まで搬送されます。この血液が通らなければならない臓器といえば、肝臓です。薬を多量に服用してしまうと、肝臓にかかる負担が、それによって増加されてしまいます。特に、オフロキサシン系抗生物質薬,オフロキサシン系抗菌薬などは、肝臓によって、新陳代謝されます。長期的に、これらの薬を飲んでしまうと、肝臓にかなりの損傷をもたらします。

アメリカにあるPfizerという大きな薬品製造会社がオフロキサシン系抗生物質薬を販売して半年後やめた実例があります。この会社は販売する前、臨床研究で副作用が少ないと判断したうえで販売しましたが、販売途中で肝臓の損傷、肝機能障害、薬物長期服用による死亡などの副作用があることが判明されたから販売を止めたそうです。

肝硬変患者であるあなたなら、下記の二種類の抗生物質薬を服用することが名案です。

1.ペニシリン系の抗生物質薬品
2.セファマイシン系の抗生物質薬品

上記二種類の抗生物質薬品は、比較的に安全なものと言えます。エリスロマイシン系やアジスロマイシン系の薬は肝臓が悪い方にとっては、服用してはいけない薬です。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved