肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 喫煙は肝臓の線維化を促進する

喫煙は肝臓の線維化を促進する

吸ったタバコの量が肝硬変患者の線維化の程度と密接な関係があると知っていますか?アメリカのある科学者の研究報告では、喫煙すると原発胆汁性肝硬変患者の肝線維化進化を促進すると判明されました。また、喫煙経歴のある肝硬変患者の肝線維化が喫煙経歴のない患者より症状が深刻化していることも判明されました。そのうえ、当研究のもう一組172名の原発胆汁性肝硬変患者の研究データでも同じ結果がでました。しかし、喫煙が肝線維化過程に与える影響は具体的にどのぐらいかはまだ明らかになってないですが、タバコの中に含まれているニコチンなどが、IL-1、IL-6、IL-13、TNF-αや、線維形成の中間物質などの細胞因子を活発にして、組織線維化方面の潜伏している病因反応を引き起こすことが明らかになっています。たとえば、全身炎症、血栓形成など。

喫煙は慢性肝臓病患者の炎症を増加させるうえ、肝線維化過程を進化させ、治療効果にも影響をもたらします。また、アルコールの肝臓に与える影響も喫煙者の方が非喫煙者より大きいです。喫煙している場合は、肝硬変患者の非代償期への発展を促進し、肝細胞のガン病変とも関係してきます。肝移植した患者が喫煙していると、血管や腎臓にも影響をもたらすうえ、血管の合併症(動脈血栓など)の確率も非喫煙者より高くなります。

要するに、慢性肝臓病にかかってしまった原因は様々ですが、喫煙経歴はもっとも直接的な避けられない要素だと断定できます。そのため、慢性肝臓病患者は禁煙、禁酒することが必要です。

 

 

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved