肝臓がんの外科手術切除治療法
Home 肝臓がんの外科手術切除治療法

肝臓がんの外科手術切除治療法

肝臓がんに対する外科手術で肝切除の3年生存率、5年生存率、10年生存率は約70%(3年)、50%(5年)、25%(10年)です。ラジオ波焼灼治療法やエタノール注入治療ような局所治療法と比較して、3年生存率はあまり差がありませんが、5年以上の生存率は10%以上高いため、肝機能が許容すれば、手術切除が第一選択の治療法となります。肝臓がん(肝細胞がん)の再発例に対する治療法の選択は初回の治療と大体同じです。肝切除が適応となる場合には再切除を行うことも可能です。肝機能によって安全に切除可能な肝容量が規定されます。肝硬変がすすんだ患者さんに対して大きく肝切除を行うと術後に肝不全を合併し死に至るリスクがあります。

肝臓がんの約90%は肝細胞がんで、B型肝炎やC型肝炎から肝硬変を経て肝臓がんになるのが多いです。 そのため、肝臓がん患者は肝機能障害を伴っていますので、肝臓がんの治療方針を決定する際には腫瘍の大きさとその数、リンパ節転移や他の臓器への転移などのほかにも肝機能障害程度を慎重に考える必要があります。

腫瘍が1個なら、大きさにかかわらず肝切除手術が勧められます。例外は肝機能障害がBで、腫瘍の大きさが2cm以内の場合、経皮的局所療法(ラジオ波焼灼療法やエタノール注入療法)も考慮されます。腫瘍が2個以上で大きさが3cm以内ならば、肝切除手術か経皮的局所療法が勧められます。3cmを超える場合には肝切除か肝動脈塞栓化学療法(TACE)が勧められます。

他に命を救える治療法が無効なら、肝臓移植は末期肝不全患者に対する究極の治療法です。2002年よりミラノ基準(3㎝までの大きさなら3個以内、もしくは5㎝までの大きさなら1個のみ)という基準内のみに限ってではありますが、肝臓がんに対する生体肝移植が保険適応となりました。肝臓移植の年齢制限は65歳以下で、肝機能の面では肝硬変のために肝切除などの局所治療が難しい場合に、治療法の選択として考えられます。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved