肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 肝性脳症(肝性昏睡)

肝性脳症(肝性昏睡)

肝性脳症(肝性昏睡)引き起こす原因は?
重症ウイルス性肝炎、薬物性肝臓病、急性脂肪肝、各種肝硬変、原発性肝臓癌及びその他の肝臓病の末期症状の合併症として肝性脳症を引き起こします。肝性脳症(肝性昏睡)は肝硬変患者に多く見られ、約70%を占めます。肝性脳症(肝性昏睡)の誘発原因は多数あります。例え、上消化道出血、高蛋白飲食、腹水、大量の利尿剤の服用、睡眠剤、鎮痛剤、麻酔薬などの使用、便秘、尿毒症、感染症や手術外傷などがあげられます。
長年の研究と長期の臨床経験から、人々は主に肝細胞機能の衰弱によって、蛋白質、アミノ酸、糖や脂肪質の代謝を妨げ、発生した有毒物質が体内に溜まり、及び肝臓の毒性物質に対し解毒作用が低下することを発見しました。体内の毒性物質が血液脳関門と血液髄液関門を通過し、中枢神経系の機能に影響を与え、脳組織の正常な生理活動を抑制することによって尿病症状が発生します。
肝性脳症(肝性昏睡)にはどのような症状があり、どのような診断をしますか?

臨床表現
肝性脳症(肝性昏睡)を引き起こす病原が異なるため、その臨床表現は比較的複雑で、変化が多いです。
1. 発病:迅速に昏睡状態に入り、多くは黄疸症状が表れた後昏睡状態が発生します。
2. 性格の変化:これは肝性脳症患者に一番早く表れる症状です。患者の性格がガラリと逆の性格になったりすることを指しています。
3. おかしい行動:患者が普通してなかった行動や不思議な行動をとるようになることです。たとえば、ゴミのポイ捨て、子供みたいな落書きするなど。
4. 睡眠時間の変化:患者の中枢神経系が乱れているため、睡眠時間の不規則などが起こります。これは肝性脳症(肝性昏睡)が訪れる証拠ともいえます。
5. 異臭が出る:肝機能が劣れているため、皮膚や口から、腐ったリンゴやにんにく、魚くさい匂いがでるようになります。
6. 羽ばたき振戦:これは肝性脳症(肝性昏睡)患者に表れるもっと特徴的な神経系症状です。肝性脳症(肝性昏睡)を診断してもいい症状だといえます。すべての患者に、羽ばたき振戦症状が出ると限りません。羽ばたき振戦症状が患者は患者が昏睡しているときや意識不明のときに表れず、意識があるときに表れます。
7. 視力障害:この症状はあまりとく表れないですが、ある患者に視力障害が出ます。失明することもあります。この視力障害と失明は一時的なものです。肝性脳症(肝性昏睡)の症状によって、ひどくなったり、回復したりすることがあります。
8. 知能障害:肝性脳症(肝性昏睡)の症状がひどくなることにつれて、患者の知能が変化します。具体的に言うと、字を書けなくなったり、計算力が低下したりします。知能低下も肝性脳症(肝性昏睡)であるかどうかをを判断するもっとも手早い方法です。

 

臨床類別:
① 急性型:急性ウィルス型肝炎や薬物、毒物によって、肝衰弱による肝性脳症(肝性昏睡)が起こります。肝細胞が大量に壊死したことが原因で、肝臓の既存している肝細胞が肝臓の正常な機能を果せなくなったり、新陳代謝の乱れや体内毒素を排出できなったりして、それによって、中枢神経系の混乱を招きます。
② 慢性型:各種慢性肝病や肝硬変が病因で、再生された肝細胞が肝臓機能を果せなくなることによって、代謝の乱れや体内毒素が十分排出できなくなります。あるいは、毒物が直接体内に入り、神経系機能の混乱を引き起こします。

肝性脳症(肝性昏睡)の合併症ってありますか?
1. 脳浮腫
2. 消化管の出血
3. 腎不全
4. 電解質障害
5. 各種感染

肝性脳症(肝性昏睡)を予防する方法ってありますか?
1.消化管出血の予防及び治療:門脈圧亢進症及び消化管出血を予防する最も根本的な方法は、門静脈圧を低下させ、食道及び胃底静脈瘤の治療です。消化管出血が出たら、すぐに出血を止める措置をして、胃腸内にたまった出血を排出する治療をしないといけません。
2.各種感染の予防:胃腸感染、腹粘膜炎、敗血症などは、肝性脳症を引き起こす主な原因です。直ちに、感染治療や予防をしないといけません。
3.便秘の予防.
4. 電解質障害の予防.
5:鎮静剤の服用は慎重にして、硫成分、アンモニア成分が含まれている薬も禁止です。 また、腹水がある場合は、慎重に治療をしてください。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved