肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home肝硬変の治療

肝硬変及び合併症の治療方法解説

肝硬変になった後、治療によって肝臓を健康状態に戻すことはとても困難です。一番重要なのは、早期発見と早期治療ですが、症状がひどくなってから、肝臓ガンに発展させないように、肝硬変合併症を治療しながら、余命を延長することは非常に難しいです。肝硬変の治療方法によって、回復効果が違ってきますが、肝臓という臓器は再生力がとても優れているため、適切な治療さえすれば、医療界で難病と言われている肝硬変と腹水の症状を抑えることが可能です。特に、慢性肝炎から発展した肝繊維化肝硬変は、もっと治療できる可能性が高いです。

1.代償期肝硬変の治療
肝硬変検査で代償期肝硬変と診断された時は、肝臓機能を回復させる目的の治療が目的とされます。
ア)、生活指導:過労しないように仕事をしてください。また、重労働はしないようにしてください。食事の面では、高カロリー、高蛋白ビタミン、消化しやすい食事を取るように心がけてください。飲酒は絶対禁止です。肝臓に損害がある薬物も使用しないようにしてください。
イ)、肝機能回復治療:肝臓のGPT/GOT値を短時間で低下させることができたら、肝硬変の発展を有効に抑えて、治療効果もよくなります。お医者さんからもらった薬以外に、养生片仔廣という漢方をお勧めします。养生片仔廣は、短時間で肝硬変患者のGPT/GOT値を低下される効果があるうえ、強力な抗線維化作用もあります。また、肝細胞肝癌誘発物質(DEN)で肝癌を形成したラットを対象に強い抑制効果があることも確認されています。さらに、养生片仔廣は漢方ので、副作用はまったくありません。

▶ 詳細はこちらへ

2.非代償期肝硬変の治療
この時期になってしまうと、症状がかなりひどくなっているため、、休養と入院治療が必要です。
ア)、 食事:消化しやすい高たんぱくな栄養たっぷりの食事を心がけて取るようにしてください。刺激があるものや、硬いものは、できるだけ食べないでください。腹水と水腫がある場合は、摂取するお水とナトリウムの量を制限しないといけません。
イ)、 ビタミン補充:肝硬化患者には、ビタミン成分が足りなくなっています。適量にビタミンB1、B6、C、ニコチン酸、葉酸(ビタミンB複合体の一つ)、B12,A、D、K等を補充してあげるようにしてください。
ウ)、 慢性肝炎の病歴がある場合は、肝炎を制御することを忘れず、必要な時は、ウィルス抑制治療や免疫調整治療も行ってください。
エ)、 肝繊維化抑制薬物の投入:肝繊維化抑制の薬を動物実験で実用した結果、肝臓の繊維化を防止する効果があると判明されましたが、臨床ではあまり使われていません。その上、副作用もあるため、広い範囲で使用することは現段階では出来ないようです。そのため、副作用がない養生片仔廣を肝繊維化防止のために使うことがもっとも良いです。

▶ 詳細はこちらへ

オ)、 肝細胞保護、肝細胞の再生を促進する効果や肝細胞壊死を防止する薬の投入:患者個人の症状によって、医者さんの指導に従って薬を使用してください。

3.合併症の治療
ア)、腹水の治療:詳細はこちらへ 
イ)、食道や胃中静脈拡張による出血の治療:食道や胃中静脈拡張による出血は、肝硬変合併症の中では、もっともひどい合併症です。その合併症で亡くなっている患者も少なくないです。詳細はこちらへ
ウ)、脾機能亢進の治療。
エ)、合併感染の治療:感染した病気の症状によって、症状に合った抗生物質の薬を投入する上、こらえる効果を強調する治療をするといいと思います。

もし、肝硬変の症状が悪化しすぎた場合は、肝硬変患者の自分自身の意思を尊重して、患者の生活レベルやプライドを優先して症状を緩和する目的の治療をすべきです。そうすれば、患者の余命で、自分のやりたいことや、やり残していることをやり遂げることができます。そのうえ、自分が受ける治療も自分で知ることができるので、積極的に治療に協力できます。

自分が肝硬変患者であることと、向き合うことは非常に難しいことです。肝硬変患者が自分の病気のことで、失望したりすることもありえます。そのときは、カウンセリングや周りの人の応援が必要です。また、同じ病気で戦っている仲間を探して、病魔と格闘している心得を交流したりすると、大きな心理効果がある可能性があります。

肝硬変患者の余命があまりないと告知された場合は、肝移植も考えられます。でも肝移植にかかる費用はとても高く、ドナーも見つかりにくいです。また、移植後、免疫拒否反応がでないとは限りません。そのため医者は、必ず移植に適切な患者を見分ける判断が要求されます。もし患者が肝移植の希望があるなら、患者の体調や免疫力を整う治療をしてあげて肝移植に適切な体調を作ってあげてください。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved