肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home肝硬変の食事・看護

肝硬変患者の食事について

肝硬変患者の食欲は普通の人より悪く、消化機能も低下します。そのため、肝硬変患者の日常の食事を合理的に管理して、患者の栄養バランスに食事を調整するのが、治療にとって一番大事です。肝機能の損害程度が違っているため、肝硬変患者には、様々な合併症が起こります。その損害の程度によって、食事制限も違ってきます。そういっても、肝硬変患者の食事ルールは大枠が似ています。要するに、肝硬変患者に十分の栄養を与えなければなりませんが、栄養を重視し過ぎて、糖分やタンパク質、カロリーが高い食べ物、あるいは低脂肪の食べ物だけ摂取させてはいけません。

一般的に言うと、肝硬変患者の食事の注意事項は以下の点です。

食事注意事項その1:
肝硬変患者は定時的定量の食事を取ってください。
熱いものを食べてしまうと、出血してしまうので、熱すぎるものを避けてください。肝硬変患者の消化機能は衰えていますので、毎回の食事の量を普段より少なめに取り、食事の回数をふやしたほうがいいです。特に、腹水があるときはもっと食事の量を減らすべきです。

食事注意事項その2:
代償期肝硬変だと、肝硬変患者にタンパク質を補充する必要があります。こうすると、血液中のタンパク質の成分を高め、肝臓が脂肪に浸潤されるのを防ぐ効果があります。そのうえ、肝細胞組織の回復や再生にも効果があります。
魚類、肉の赤身、乳製品、大豆製品などがおすすめの高たんぱく質の高く含まれている食材です。しかし、タンパク質を一気に摂取することだけはしないで下さい。何回にも分けて、長期的に少量に長期的に摂取するのがいいです。また、その摂取するタンパク質の量を厳重に制限しないと、副作用が出るかもしれません。

食事注意事項その3:
肝硬変患者だと、亜鉛とマグネシウム成分が欠けてしまいます。そのため、日常の食事では、亜鉛とマグネシウム成分が高い食材を適量に摂取しないといけません。例えば、肉の赤身、卵類、魚類、ピーナツ、クロミ、リンゴ、シイタケ類、キクラゲなど。

食事注意事項その4:
肝硬変患者が食べてはいけない食べ物は、下記のようです。
① 硬いものや粗いものを食べないで下さい。
② お酒はやめて下さい。ビールも絶対禁止です。
③ 激烈な調味料が入ったものは食べないでください。また、脂肪肝から発展した肝硬変患者は甘いものも禁止です。
④ プリン体の多い物は食べないで下さい。
⑤ 油濃いものや揚げ物、漬物、腐ったもの、人工色素や人口添加物が入っているものは、出来るだけ少なめに食べて下さい。肝硬変患者の胆汁の分泌がすくなくなっているため、油の成分を吸収できなくなっています。
⑥ アレルギーの原因になる卵、牛乳、チーズ、小麦粉などを少なめに食べてください。

食事注意事項その5:
デドックス効果や胆嚢によい野菜を多めに食べてください。たとえば、カリフラワー、キャベツ、白菜、エンドウ豆など。これらの野菜には、繊維がたくさん含まれているので、体内の毒を排出できる効果があります。

食事注意事項その6:
腹水、浮腫みが出た肝硬変患者は、低塩の食事を取ってください。毎日の塩分の摂取量を2グラム以下に抑えておきましょう。

食事注意事項その7:
肝臓に損害をもたらす薬品を飲まないでください。
また、肝硬変患者にとっては、便秘する習慣がある場合は要注意です。肝硬変患者は常に腸内の廃棄物を体内から排出させるために、腸内の順調を保たなければなりません。ハチミツなどを食用して、アンモニア成分の腸内の溜り込みを防止し、肝昏睡するのを防ぐといいと思います。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved