肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home肝硬変患者の看護について

肝硬変患者の看護について

肝硬変入院患者の心理異常の原因

1.肝臓は体内のもっとも重要な新陳代謝器官です。肝硬変患者の肝機能がひどく損傷されているため、カテコール類物質を排出する能力が衰えています。カテコールアミンやカテコラミンとは人の機嫌を左右する主なホルモンのひとつです。カテコール類物質が体内にたまり過ぎると、性格や行動が異常になったりすることがあります。

2.肝硬変患者の肝機能が非常に低下しているため、各種の合併症の症状が出てくることは、避けられないことです。たとえば、出血、肝性脳症、肝臓ガンへの発展など。これも肝硬変患者や家族が日々心配していることです。肝硬変に完治できる方法が現段階まで研究されてないことや、同じ病で亡くなっている方の情報などが肝硬変患者を不安な気持ちや不安定な精神状態にさせる原因のひとつと考えられます。不安や心配があるため、患者が毎回の検査結果を非常に注目するようになってしまいます。

3.長引く病気は、肝硬変患者の社会や家庭の役割を変えます。長引く病気が患者の労働力や体力を低下させ、事業の発展に影を落とし、家庭や婚姻生活の質にも影響を与えます、特に、仕事半ばで、子供がまだ小さい中年の患者にとって物凄く心のストレスになります。

4.肝硬変患者は容易にコンプレックスを感じ、人間関係に対する緊張感により、治療を内緒にすることを要求するケースもしばしばあります。肝硬変の患者は長年病気を患ったことが原因で、心理的に遺失感に襲われ、援助を求める傾向がありますので、家族、友達や医療関係者の愛情や同情を得ることを望んでいます。彼らの様々な要求は疾病が原因で、理解されなかったり、満足できなかったりする場合があります、これらの要因が患者の自尊心を傷つけもっと失望してしまいます。

看護

1.肝硬変患者の状態を全面的に分析し、個人個人に合った看護を行います。看護師は、肝硬変患者さんが入院後すぐに、この病状に関連する資料を収集し、肝硬変患者の状態を分析すべきです。不適切な病状、職業、文化レベル、病気に対する態度、病気に対す認識、家族の支えなどを含むすべての情報を把握する必要があります。正確に評価した上で有効な看護計画を立て、個人個人に合った看護を行います。症状が重い患者はしばしば自信を失い病気に立ち向かえなくなることがありますので、看護師は肝硬変患者に病状変化過程の複雑さを優しく説明してあげると同時に、治療によって好転した情報を積極的に肝硬変患者さんに伝えるべきです。

2.交流を深め、肝硬変患者さんと良い信頼関係を築きます。看護師は、積極的に肝硬変患者さんと会話し、肝硬変患者さんの質問を辛抱強く聞き、それに対して熱心に回答し、常に肝硬変患者さんを励まし、支えることです。そうすれば、患者さんは自信を取り戻し、楽観的、積極的な態度で自分の病気と立ち向かうことができます。

3.肝硬変患者さんの家族に病状、治療状況を詳細に説明し、家族と力を合わせて治療に望みます。患者家族に対し、良好な気持ち、積極的な態度で患者さんを励まし、支えることを要求します。家族に対して、見舞い時に病気の話題をできるだけ避け、患者を理解し、患者に嫌な気持ちや恐れる気持ちを見せず見舞いに行く頻度を増やすことを提案します。

4.健康教育を強化し、分かりやすい言葉で疾病関連知識を説明します。主に病因、臨床病状、治療薬の使用方法および副作用、服薬時の注意事項、不良反応の対処方法、飲食治療方法などを含みます。そうする事で、肝硬変患者さんの疾病に対する間違った知識を変え、肝硬変患者や家族に消毒隔離措置を教えて、自信を持って、積極的に治療に専念するように努力させます。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る »
    Copyright ⓒ 2013 XUFENG-INFO All Rights Reserved