肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 飲酒と肝硬変

飲酒習慣のある人はもっと肝硬変になりやすい

データによると、世界中1500万~2000万の方は飲酒習慣があります。その中、10%~20%の方は、ある程度アルコール性脂肪肝や肝硬変を抱えています。日本でもお酒が好きな方は結構あると思いますが、適量の飲酒は健康に被害がないうえ、定量にワインなどを飲んでいれば、体に良いです。でも過剰な飲酒は体によくないです。特にアルコール度が高い酒を飲みすぎてしまうと、そのアルコール成分を体内から排出するため肝臓が過剰に働き、肝細胞が頻繁に再生され、壊死や脂肪変性の変化が起こってしまうかもしれません。最後に肝硬変になってしまう可能性があります。

■アルコール性肝臓病の主な三種類

1.アルコール性脂肪肝
アルコール性脂肪肝には、明らかな症状はありません。人によって、疲れ、食欲不振、おなかの張り、吐き気、嘔吐などの症状が出ます。場合によって、肥満や肝臓肥大などの特徴も出ます。

2.アルコール性肝炎
短時間でお酒を大量に飲んだ経歴がある方は、アルコール性肝炎にかかりやすいです。アルコール性肝炎の患者の臨床症状には、アルコール性脂肪肝の症状の以外に、発熱、腹痛、下痢、体重激減などの症状が挙げられます。貧血や中性細胞が増加する患者もいます。血液検査で、ビリルビンの増加、GOT-GPTの上昇、白血球の増加などの傾向があると言われた方はアルコール性の肝炎かもしれません。

3.アルコール性肝硬変
アルコール性の肝硬変患者にも早期症状があまり表れません。中期になってから、体重激減、食欲不振、腹痛、疲れ、発熱、尿の色が濃い、歯ぐきの出血などの症状が表れます。肝硬変非代償期の段階になると、黄疸や腹水、足のむくみの症状のほか、消化管からの出血による意識障害や昏睡状態(肝性昏睡)などに陥ります。また、病院の検査では、貧血、白血球血小板値の低下、血清蛋白質の低下などが検査されます。
アルコール性肝硬変の発病は、飲酒方法、性別、遺伝要素、栄養状況、肝炎ウィルス感染者であるかどうかなどに関係があります。いっきに大量の飲酒のほうが、少しずつ飲酒するより被害が大きいです。飲酒習慣がある女性のほうが男性より脂肪肝になりやすいです。栄養不良、タンパク質の欠乏、合併慢性肝炎のウィルスを保有している場合は、肝硬変になる確率がもっと高いです。

■ アルコール性肝臓病をどうやって予防するのか?
● 規則正しい生活習慣を保つ
● 飲酒の量を定量に維持し、アルコール度が低い酒やアルコールがない飲み物を飲むようにする
● 飲酒後、高たんぱく、高繊維が入っているものを摂取するようにする。また、ビタミンB系、ビタミンA、C、K、葉酸などを補充する。
● 大量飲酒や長期飲酒習慣がある場合は、定期的な肝機能検査を必ず行う。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved
  • ホーム
  • /
  • 会社情報