肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 肝硬変患者に補充してほしいビタミンとは?

肝硬変患者に補充してほしいビタミンとは?

肝硬変患者の肝細胞に変性、壊死や繊維組織増生が生じています。それらの細胞によって、肝臓の機能が低下しています。肝機能の障害によって、本来吸収できていたビタミンを吸収できなくなり、ほかの臓器で合成したビタミンも肝臓で加工利用できなくなります。肝硬変代償期のときは、体内に必要としているビタミンを各種の新鮮な野菜や果物からもらっています。たとえば、青葉の野菜、大根、にんじん、豆類などの野菜や、リンゴ、もも、梨、ミカン、バナナなどの果物。これらの野菜や果物を毎日すこしずつ食べていれば、体内が必要としているビタミンを摂取できます。

その一方、肝硬変非代償期のときは、肝臓が上記の野菜や果物を食べても、その中に含まれているビタミンを加工、合成、吸収、消化しできなくなるので、野菜や果物だけを食べるだけで、体内に必要としているビタミンを補充できません。そのため、ビタミン剤などを服用することが必要です。たとえば、ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンC、葉酸、ビタミンD、ビタミンAD、ビタミンEなどです。できれば、お医者さんの指導の元でお飲みください。

ビタミンCとは、肝臓には欠かせない物質です。ビタミンCは細胞代謝の酸化剤であり、特に、糖分の代謝と酸化還元過程に参加して、細胞の再生や毛細血管の透明性の減少、血液のかたまりなどに欠かせないものです。また、ビタミンB12と鉄分の吸収を促進するうえ、脂肪肝の治療にもよく、人体の免疫力を高め、同時に、ガン物質合成を防ぐ効果があります。長期的に服用していれば、肝細胞の増加や、新陳代謝の改善、GPTとGOTの低下、肝機能の復元などの作用もあります。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved