下痢の起こしやすい肝硬変患者が多いです。
Home >肝硬変で下痢が起こしやすい

肝硬変で下痢が起こしやすい

下痢の起こしやすい肝硬変患者が多いです。その原因は肝硬変で各種代謝分泌物が減少したので、消化機能が弱くなって、 腹痛・下痢・便秘の症状が交替に出てしまう。

吸収障害:門脈圧亢進症で、腸粘膜が浮腫状を呈し,栄養が吸収されなくて、腸管の浸透圧が増えて、下痢を起こす。

消化不良:肝硬変患者の肝機能障害で、胆汁が不足、胆汁に含まれる胆汁酸塩も足りなくなり、脂肪と蛋白質の吸収分解が困難で、下痢になります。

腸蠕動が早すぎ:肝硬変患者の場合、食べ物が腸に入ってくるとすぐに腸が蠕動運動を開始し、食べ物を排泄しようとしてしまうためです。腸の中身の動きが早すぎれば、腸は食べ物から栄養や水分を吸い取ることができませんし、水っぽい便のまま排出されてしまいます。

腸の細菌:肝硬変患者の腸管には、細菌の繁殖が速い、分泌された毒素が消化酵素を影響し、硬脂肪の消化吸収が障害になってしまうので、下痢になります。肝硬変期間にも、腸内細菌叢の恒常性バランスが維持できないので、外来感染を対抗する能力も弱くなる。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved