肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 原発性肝癌

肝硬変合併症状:原発性肝臓癌

原発性肝臓癌

肝臓が発生源である原発性肝臓癌とその他の臓器で発生したガンが肝臓に転移した転移性肝臓癌と二つに分けられます。原発性肝臓癌はさらに組織型によって分類されます。

肝硬変と同時に発生する原発性肝臓癌、特に肝炎後の肝硬変に多く見られます。約2/3の原発性肝臓癌は肝硬変症状の基礎で発生したものです。例え、臨床症状で肝臓が進行性肥大の症状が現れたとき、特に局部性肝肥大が起こり、大量の腹水や腹水に血性が現れた場合、症状は急激に悪化し、黄疸が重くなり、肝臓部分に激痛があったらAFP検査、超音波検査、CT検査など肝臓癌診断を行うべきであります。肝臓穿刺活检は肝臓の癌細胞を見つける最も有力な診断根拠です。

原発性肝臓癌発生率の高い人々に対して定期的に検査が必要であり、少なくとも3ヶ月に一度検査を受ける必要があります。そうすることで、多数の原発性肝臓癌患者の早期診断ができます。早期診断の目的は早期治療にあり、初期の原発性肝臓癌は摘出手術成で、根治が最善の治療です。肝臓癌外科臨床手術の技術進歩により、現在移転性肝臓癌の二次手術も多くの患者を根治できるようになっています。

根治手術を受けた患者に対して、できるだけ1~3月に一度のAFPと超音波の再検査をおこない、転移性肝臓癌の早期発見に努める必要があり、同時に保肝の漢方薬や免疫をアップする薬を服用し、肝臓癌の再発を予防すべきです。根治治療が難しい患者に対して、延命治療を行い、主に生活質を高めことを治療対策として、肝臓癌末期に現れる症状を治療し、患者さんの苦痛を和らげます。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved