肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home肝硬変合併感染の治療について

肝硬変合併感染の治療について

肝硬変患者は、免疫力低下などの様々な面で健康の方と違っているため、各種ウィルスに感染しやすくなっています。感染した気配があったら、早期治療してもらうことが肝硬変患者の生存率や生活レベルをよくすることに直接関連します。

感染した場合、不正な抗生物質の薬などを服用してしまったら、感染を治せないうえ、肝機能にもっとダメージを与えてしまう可能性があります。そのため、感染した肝硬変患者は、感染を治すとき、肝硬変治療の薬が体内に新陳代謝される特徴をもとに、合理的に選択した抗生物質薬品を服用してください。そうすれば、感染を友好的に抑えるうえ、肝臓に与える損傷を最小限に抑えることができます。

肝硬変患者がよく感染する合併症は、特発性細菌性腹膜炎(SBP)、尿路感染症、菌血症、結核症などがあります。

特発性細菌性腹膜炎(SBP)
特発性細菌性腹膜炎(SBP)の治療完治率は70%~90%で、生存率は50%~70%です。この一方、この病気で亡くなる比率は30%~50%で、一年以内の再発率は30%~70%です。早期発見と有効な抗生物質薬剤を服用するのが、近年のSBPを治療する最も有効な治療方法です。第三代セファマイシン系の薬は現在最も広く使われている抗生物質です。この薬によって、80%以上の患者が救われてきました。
肝硬変患者には、尿路感染症という合併症がよく現れます。尿路感染症は、菌血症発生を引き起こすもっと危険な要素です。尿路感染患者の中で女性の方が男性より多いです。尿路感染症は大腸菌やプロテウス菌、グラム陰性桿菌などの感染によって感染しますので、肝臓病の症状によって、お医者さんの指導のもとで治療を受けてください。

菌血症:入院中の肝硬変患者の約70%の方が、菌血症にかかる可能性があります。菌血症の発病率は肝臓病の症状の状態によって、進化します。非代償期の患者が菌血症になる確率は代償期の患者より高いです。菌血症の感染の中で、グラム陰性菌による感染がもっとも代表的です。肝臓病の症状によって、お医者さんの指導のもとで治療を受けてください。

結核症:慢性肝臓病、特に非代償期の肝硬変を抱えている患者は、結核症に感染する最も危険なエリアに入っています。肝臓に病を抱えている方だと、もともと薬物代謝によって、肝機能が損傷しているため、結核症用の薬を服用するとき、慎重にしないといけません。といっても、非代償期の患者以外の肝臓病を抱えている患者だと、大体結核症を治療する薬を服用してもそれほど肝臓に負担がかかりません。そのため、肝臓の負担ばかり気にして治療しないで放っておかないで、お医者さんによく相談して早期治療を受けてください。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved