肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home肝硬変と腹水

腹水

腹水とは腹腔内に異常に多量の遊離液体が貯留した状態をいう。肝硬変の合併症―門脈圧亢進症が最も多い。肝硬変や癌性腹膜炎による腹水は原疾患のコントロールが困難であり、症状は通常腹部膨満に起因する。診断は身体診察,超音波,またはCTに基づいて行う。治療は床上安静,食事内容におけるナトリウム摂取制限,利尿,および治療的腹水穿刺などがある。腹水は感染を起こすことがあり(特発性細菌性腹膜炎),しばしば疼痛と発熱を伴う。腹水の分析および培養などによって感染の診断を行う。感染は抗生物質で治療する。

病因

腹水は急性ではなく慢性の肝疾患によって生じる。肝臓(肝硬変)における症例の90%以上は門脈圧亢進症によるもので,これは 通常肝硬変に起因する。その他肝臓に起因するものとして,まれではあるが慢性肝炎,肝硬変を伴わない重度のアルコール性肝炎,および肝静脈閉塞(バッド-キアリ症候群)がある。門脈血栓症は肝細胞性障害を伴わない限り,通常腹水の原因となることはない。といった原因により、多量の漏出液や滲出液が見られるようになる。肝硬変ではアルブミン合成能低下及び門脈圧亢進により前者のタイプ、腹膜の炎症や癌では後者のタイプが見られる。

肝臓以外の原因には,全身性疾患に伴う全身の液体貯留(例,心不全,ネフローゼ症候群,重度の低アルブミン血症,収縮性心膜炎)および腹膜障害(例,癌性または感染性腹膜炎,手術その他の医療処置による胆汁漏洩)などが挙げられる。まれな原因として腎透析,膵炎,SLE,および内分泌性疾患(例,粘液水腫)などがある。

病態生理

メカニズムは複雑で完全には分かっていない。要因として,門脈管におけるスターリング力の変化(低アルブミン血症による低コロイド浸透圧と門脈圧上昇),過剰な腎ナトリウム保持(尿中ナトリウム濃度は通常5mEq/L未満),および場合によっては肝リンパ形成の増加が含まれる。

腎のナトリウム保持に関連するとみられるメカニズムとして次のものが挙げられる;レニン-アンジオテンシン-アルド ステロン系の活性;交感神経の緊張亢進;皮質を迂回する腎臓内シャント;一酸化窒素の生成促進;ADH,キニン,プロスタグランジン,および心房性ナトリウム利尿因子の生成または代謝の変化。内臓の動脈循環における血管拡張が誘因だと考えられるが,具体的な役割や相互関係については未だ明らかではない。

肝硬変も末期状態になると、腎機能障害を伴ってきます。いわゆる肝腎症候群になって腹水がたまり、利尿剤を大量に用いても、十分に管理できなくなります。腹部が妊婦のようにふくらみ、陰部や足にもむくみが見られるようになります。腸も腹水に浮かんだ状能だなって働きが悪くなり、おなかが張った苦痛と食欲不振のため、全身状態も著しく低下します。

 こうした腹水の管理が困難な人に対しては、おなかに針を刺して腹水を抜く腹水穿刺が行われましたが、たとえ5000mlの腹水を抜いたとしても、2~3日で元の状能だ戻ってしまいま す。

抜きとった腹水は血漿成分であり、タンパク質のアルブミンもいっしょに出てしまいますから、低タンパク血症はますます進行して、全身状態はさらに悪化します。

 最近は、こうしたときには腹腔-静脈シヤント術を行っています。局所麻酔をして、腹水のたまっている鎖骨窩静脈まで、デンバー・チューブを埋め込みます。体の右側でも左側でもかまわないのですが、肝臓がんが生じたときに、右側ではチューブが治療の邪魔になることがあるので、私は原則として左側で行っています。チューブには逆流防止のための2連弁がついていますから、腹庄と手動式ポンプの作用によって、腹水は鎖骨窩静脈から上大静脈を通じて血液の中に戻されます。2週間程度で腹水が消失し、全身状態も改善されます。それまで、どす黒く、カサカサだった顔の皮膚も色つやがよくなり、元気だったころの笑顔が戻ってきます。

 手術には入院が必要で、当日の朝入院します。手術当日と翌日は、急激に腹水を還流するために、心不全や多臓器不全を起こすおそれがあるので、十分な注意が必要です。体位(姿勢)に注意し、必要に応じて強心剤や利尿剤を使用します。多くは4~5日で退院できます。こうした重症の肝硬変では免疫力も低下しているので、退院後も傷口や埋め込んだチューブへの細菌感染を起こさないように注意することがたいせつです。また多臓器不全にも注意します。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved