肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › C型肝炎の治療に関する推奨事項-2014 欧州肝臓病学会

C型肝炎の治療に関する推奨事項-2014 欧州肝臓病学会

はじめに

C型肝炎ウイルス(HCV)感染は世界的な肝疾患、慢性肝炎の主な原因の一つである。 長期的なC型肝炎ウイルス感染影響は最小限の組織学的変化から線維症および肝硬変、肝細胞癌(HCC)まで変化します。HCV関連肝疾患の患者に対する臨床ケアのおかげで、この二十年間に疾患病態生理の理解や治療および予防など大幅に進んでいる。

EASL(欧州肝臓病学会)からのC型肝炎治療に関する推奨事項は医師や他の医療提供者を支援するだけでなく、患者及びその他個人として、患者の最適な管理を記述することにより、急性および慢性HCV感染症を適用されます。

2014までの標準治療

HCV治療の主な目的は感染症を治すことである。持続したウイルス学的応答(SVR)は、検出不可能なHCVのRNAとして定義される。12週(SVR12)または24週(SVR24)治療終了後、SVRを達成した患者の99%が治癒される。

2011年まで、24または48週間のペグインターフェロン(IFN)-αとリバビリンの組み合わせは、このレジメンで慢性C型肝炎のための承認された治療法であり、HCV遺伝子型1に感染した患者は、北米では約40%のSVR率を持っていたし、西ヨーロッパで50%。高いSVR率の達成された患者がHCVの遺伝子型2,3,5、および6(約80%)。中間SVR率は、HCV遺伝子型4を有するもので達成された。

2011年には、テラプレビルおよびボセプレビルは、HCV遺伝子型1感染で使用するためにライセンスを取得した。これら二つの薬剤は、第一波、初代直接作用型抗ウイルス(DAAS)です。HCVのNS3/4Aセリンプロテアーゼを標的とし、両方は、このようにプロテアーゼ阻害剤と呼ばれる。テラプレビルとボセプレビルは、ペグ化IFN-αとリバビリンと組み合わせて投与されなければならない。

ボセプレビルとテラプレビルの第III期HCV遺伝子1型臨床試験では、三剤併用療法レジメンが65%〜75%程度で、2剤併用療法IFN-α/ribavirinペグ化よりも高いSVR率を達成しました。しかし、三剤併用療法の副作用がよく言われ、コストも高そうでした。

三つの新しいHCVのDAASは、HCV感染のための併用療法の一部として使用するため、2014年前半に欧州で認可されます。Sofosbuvir、HCVのRNA依存性RNAポリメラーゼのヌクレオチドアナログ阻害剤は、2014年1月に承認されている。Simeprevir、第二波、firstgenerationのNS3/4Aプロテアーゼ阻害剤は、2014年5月に承認されるであろう。

Daclatasvir、NS5A阻害剤は、8月または2014年9月に承認される可能性が高い。他の薬物は、後2014年または2015年に承認されます。

続く。。。。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved