Home › 抗がんと食品

抗がんと食品

癌という漢字には三つの口があって、癌と食品の関連が大きいことを皆様に警告しています。がん患者の中で最も重要な問題は栄養障害です。生命維持には、食品の中のいろいろな栄養素が必要で、がん患者の栄養改善は抗がん治療の重点です。以下は抗がん治療過程において、よい食品をお薦めします。

1.牛乳、卵、魚、大豆製品などの消化、吸収されやすいタンパク質食品は体の抗がん能力を高めます。牛乳と卵は放射治療後のタンパク質障害を改善できます。

2.放射治療で、がん患者の糖分代謝が破壊され、インスリン機能もダメージを受けるので、蜂蜜、米、ジャガイモなど糖分の豊富な食品を多く食べて熱量を補う 。

3.抗がん効果のある食品を多く利用してください。スッポン、きのこ、きくらげ、ニンニク、海藻、マスタードとローヤルゼリーなど。

4.放射治療と化学治療の場合、冷たい食べ物、飲み物がよいです。

5.冬虫夏草は、腫瘍細胞の貪食効果があって、効果はセレンの4倍です。摂取:冬虫夏草 毎日2回 毎回1.5グラム。

6.消化しにくい食品、お酒は禁止する。料理の調理方法については、煮ると蒸すのをお薦めします。

7.ビタミンCとビタミンB1は放射線障害の一般症状を改善でき、白血球値の上昇も促進できます。ビタミンEは細胞分裂を促進し、細胞の老化を延ばすことができます。新鮮な野菜、果物、豆類、動物の内臓には豊富なビタミンがあるので、多く食べる必要があります。

癌の種類によって、食事の禁制もそれぞれ異なります。盲目的な食事の禁制は栄養失調になりやすいので、病気からの回復に影響を与える原因になります。例えば、鼻咽頭癌患者は放射治療期間に、揚げ物、焼いた食べ物、羊肉、胡椒などを禁止する;胃癌患者は辛い食品、わさび、唐辛子を禁止する;食道癌患者は豚肉、鴨肉を禁止する;肝臓がん患者は豚肉とニラを禁止します。

関連文章

抗がんと心理

抗がん剤の副作用

抗がんと田七杜仲精

漢方の抗がん有効成分

» 商品詳細
»
  • 癌と戦う方

  • 肝臓、腎臓機能低下に悩みの方

  • アンチエイジングにチャレンジしたい方

86歳の男性 (元日本一部上場製薬会社会長)
私は、2006月6月に膀胱ガンが発見され、幸いにも早期発見ですぐに手術をしました。しかし、同年12月にはガンが再発。表皮性膀胱ガンとのことでした。
「田七杜仲精」を飲んで約半年、再発した膀胱ガンが消えた!
73歳の男性(元日本航空管理職)
私は90年代後半、国内のガンセンターで小細胞肺ガンと診断されました。手術で切除しましたが、抗ガン剤の副作用により、髪の毛は抜け落ち、体はだるく感じ、口内炎がひどく食事もままならない状態でした。
「田七杜仲精」を1日6g服用し3ヶ月後に肺ガンの影がなくなった!
もっと見る »
Copyright ⓒ 2011~2013 XUFENG-INFO All Rights Reserved