Home › 乳癌の治療

乳癌の治療

乳癌は放射治療、化学治療、手術治療、ホルモン療法、分子標的療法を患者の状況によって、組み合わせて治療する。乳癌の治療傾向も乳房保存、低侵襲手術、定位放射線治療、標的薬物療法になって来る。

手術治療:手術切除はずっと乳癌治療の主な手段である。乳房切除範囲は縮小傾向が進んでいる。乳房温存手術とセンチネルリンパ節生検の方が注目されている。

乳房温存手術:手術のできる初期乳癌患者に対応する。しこりを含めた乳房の一部分と関連リンパ節郭清を行い、乳房のふくらみや乳首を残す手術。

センチネルリンパ節生検:近年までの乳がん手術では、脇下のリンパ節を郭清されましたが、乳癌再発を100%に防ぐことはできません。それによって、郭清した方が安心とは言えない。また、たとえば30個のリンパ節を検査して、1個も癌転移がなかったら、リンパ節郭清はなんだったのかという不満がありませんか。リンパ浮腫などの後遺症に長期に悩まされる可能性もあるでしょう。従って、どうしたら必要の郭清だけを行うかが検討され、センチネルリンパ節生検が登場したのです。 センチネルリンパ節生検はセンチネルリンパ節の場所が確認できたら、センチネルリンパ節を切除することです。そして、その場で顕微鏡で検査して、もし転移がなければ、郭清の必要がない、もし転移があった場合は腋窩リンパ節郭清を行います。

放射線治療:乳房温存手術、乳房切除術、進行乳がんの術前治療、再発及び転移性乳癌治療の場合、放射線治療が使われる。手術や画像検査の結果で放射方案を決めます。放射線療法は最近、めざましい進歩を遂げて、IMRT(強度変調放射線療法)三次元放射線療法、粒子腺療法など新技術が発明されました。

化学治療:抗がん剤、関連の薬による治療を化学療法と言います。初期乳癌での抗がん剤治療は、副作用を軽減するため、投与量と回数をきちんと行うことが必要です。副作用が強い場合、薬剤の量や治療回数を減らしてはいけません。

化学療法(術前と術後)では、多剤併用、作用の異なる抗がん剤を2-3種類同時に併用こともあります。どの組みが良いか、患者さん個体の状況が違うので担当医のご指導で使用してください。

抗癌剤による免疫機能の抑制や、酸化ストレス・炎症による障害などは、田七杜仲精によって効果的に防止されます。薬剤による副作用から体を保護してくれる漢方養生食品「田七杜仲精」は、癌に対する抗がん剤や化学療法において、一つの選択肢になるといえます。

ホルモン治療:乳癌に対して、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌が止まると、がん病巣も縮小します。

閉経前は卵巣でエストロゲンの分泌を抑制する抗エストロゲン薬剤2~5年間投与します。閉経後は卵巣からのエストロゲンがありませんが、副腎皮質からアロマターゼという酵素の作用でエストロゲンに合成されてしまうから、アロマターゼ酵素阻害薬を5年間用います。ホルモン療法は薬によって、副作用がそれぞれ違うので注意してください。

分子標的療法:乳がんに使われる分子標的薬はがん細胞の表面に「受容体」となるHER2蛋白です。HER2蛋白が多い場合、HER2陽性の乳がんになります。

トラスツズマブはHER2タンパクを阻害して、がん細胞増殖を抑制する薬剤です。進行・再発乳がんに対しても、HER2陽性の人がトラスツズマブ療法の対象となります。分子標的治療薬:トラスツズマブ、ラパチニブ、ベバシズマブ。

関連文章

抗がんと心理

抗がんと食品

漢方の抗がん有効成分

抗がんと田七杜仲精

乳癌のステージと5年生存率

乳癌手術治療:温存療法、乳房切除術、日帰り手術

» 商品詳細
»
  • 癌と戦う方

  • 肝臓、腎臓機能低下に悩みの方

  • アンチエイジングにチャレンジしたい方

86歳の男性 (元日本一部上場製薬会社会長)
私は、2006月6月に膀胱ガンが発見され、幸いにも早期発見ですぐに手術をしました。しかし、同年12月にはガンが再発。表皮性膀胱ガンとのことでした。
「田七杜仲精」を飲んで約半年、再発した膀胱ガンが消えた!
73歳の男性(元日本航空管理職)
私は90年代後半、国内のガンセンターで小細胞肺ガンと診断されました。手術で切除しましたが、抗ガン剤の副作用により、髪の毛は抜け落ち、体はだるく感じ、口内炎がひどく食事もままならない状態でした。
「田七杜仲精」を1日6g服用し3ヶ月後に肺ガンの影がなくなった!
もっと見る »
Copyright ⓒ 2011~2013 XUFENG-INFO All Rights Reserved