Home › 乳癌のステージと5年生存率

乳癌のステージと5年生存率

乳ガンは治療効果のよいガンです。平均の5年生存率は80%~90%になっています。乳ガンの生存率が高い理由は乳ガンがほかの癌と比べて、初期の段階で発見されやすいことです。乳がんになった場合、乳がんの広がり程度、しこりの大きさ、リンパ節と他の臓器へ転移の有無によって大体5段階のステージ(0から4のステージ)に分けられ、このステージに応じて治療法が変わってきます。

ステージ0:非浸潤乳がんです。乳がん検診のマンモグラフィで「石灰化」で発見された場合や、超音波検査で大変小さい腫瘤として発見され、マンモトームや生検によって非浸潤がんと診断される。

ステージ1:5年生存率では、乳がんのステージ1では約98%とされています。しこりの大きさが2cm以下で、乳房の外に広がっていない段階。

ステージ2:がんの転移の可能性があるので、ステージ2の5年生存率では約91%に下がります。しこりの大きさ5cm以下で、腋窩リンパ節転移の疑いありはステージ2とする段階。

ステージ3:局所進行乳がんである場合。5年生存率では、約71%。A期:しこりは2cm以下で、わきの下にリンパ節への転移が癒着していたり、周辺の組織に固着している場合。またはわきの下への転移はなく、胸骨の内側のリンパ節が晴れている状態を指します。 B期:しこりの大きさ、リンパ節転移の有無に関わらず、しこりが胸壁にがっちり固着している。あるいは、しこりが皮膚に顔を出したり、皮膚が崩れたりしています。炎症性乳がんはこの病期です。C期:しこりの大きさにかかわらず、わきの下、胸骨の内側、両方のリンパ節に転移。あるいは、鎖骨の上下のリンパ節に転移しています。

ステージ4:遠隔転移乳がん、遠隔臓器に転移している場合です。乳がんの転移しやすい臓器は肝臓、肺、脳、骨などです。末期がんのことを指します。ステージ4の5年生存率では、29%です、早期発見ができずに、時間が経てば立つ程5年生存率は大きく低下致します。

関連文章

抗がんと田七杜仲精

乳癌手術治療:温存療法、乳房切除術、日帰り手術

抗がんと心理

抗がん剤の副作用

抗がんと食品

漢方の抗がん有効成分

» 商品詳細
»
  • 癌と戦う方

  • 肝臓、腎臓機能低下に悩みの方

  • アンチエイジングにチャレンジしたい方

86歳の男性 (元日本一部上場製薬会社会長)
私は、2006月6月に膀胱ガンが発見され、幸いにも早期発見ですぐに手術をしました。しかし、同年12月にはガンが再発。表皮性膀胱ガンとのことでした。
「田七杜仲精」を飲んで約半年、再発した膀胱ガンが消えた!
73歳の男性(元日本航空管理職)
私は90年代後半、国内のガンセンターで小細胞肺ガンと診断されました。手術で切除しましたが、抗ガン剤の副作用により、髪の毛は抜け落ち、体はだるく感じ、口内炎がひどく食事もままならない状態でした。
「田七杜仲精」を1日6g服用し3ヶ月後に肺ガンの影がなくなった!
もっと見る »
Copyright ⓒ 2011~2013 XUFENG-INFO All Rights Reserved