Home › 乳癌の外科手術治療法:温存療法、乳房切除術、日帰り手術。

乳癌の外科手術治療法:温存療法、乳房切除術、日帰り手術。

乳癌の治療は原則的には外科手術であり、抗がん剤など化学療法や抗エストロゲン剤(ホルモン療法)と放射線療法が併用される。乳がんの外科手術というと乳房を切除しなければならないのではと心配する人も多いと思いますが、最近は初期乳癌に対して乳房温存療法(乳房温存手術と手術後の温存乳房への放射線照射)が選択されることが多くなりました。乳癌の治療もがんの進行度によって異なってきます。そのため担当医者から乳癌の進行度について正確な説明を受けることが大切です。

乳房切除術:

乳房を切除する手術は乳房切除術といいますが、多種の手術方式があります。区別は、胸の筋肉をどこまで残すか、リンパ節郭清をどこまでやるか。乳房温存療法のできない場合、つまり、がんを残さず取りきろうとすると、乳房の変形が大きくなって部分的に残す意味がない場合、あるいは乳管の中にがんのくり抜くような切除が困難な場合などは、乳房をすべて切除することになります。そのほうが転移の可能性が少なくなるし、希望者には乳房再建術を行うこともできます。

手術の対象となるのは一般的に病期(ステージ)ⅢAまでです。ⅢB、ⅢCの進行乳がんに対する手術の有効性ははっきりしません。Ⅳ期の乳がんに対する手術は意味がない、とされています。

乳房温存療法:

以往は乳房全部と周囲の筋肉やリンパ節を切除する乳房切除術が常識でしたが、乳房を残しても治療効果に差がないとわかったために、肉体的にも精神的にも負担が少ない温存療法が世界的に広がりました。

乳房温存療法は乳房温存術と温存乳房への手術後の放射線照射をセットに行う治療法で、しこりを含めた乳房の一部分とリンパ節郭清を行い、乳房のふくらみや乳首を残す手術を行った後に放射線治療を行います。乳房温存療法は臨床病期が0、I、IIの乳がんに対する標準的な局所治療で、乳房内の再発率を高めることなく、美容的にも美しく乳房を残すことが目的となります。

乳房温存療法は再発率を高めることなく美容的にも優れた治療法ですが、放射線療法の副作用が問題になることがありますし、また残念なことに早期乳癌で温存療法後に再発されてしまう方もいらっしゃいます。

乳がんの日帰り手術:

日本では、乳癌手術は十日間程度の入院が必要とされています。でも、最近は温存手術の普及や麻酔法の進歩に伴い、日帰り手術を実施できて、今後は日帰り乳癌手術が主流になると考えられます。

乳癌の大部分が腫瘍径2-3cmで発見されます。腫瘍径が2-3cm程度の場合、腫瘍周囲を1-2cm離して切除する手術(乳房部分切除)が行われます。たとえば、2cm腫瘍の場合、余分に1cmの安全域をとって切除すれば、直径4cmの切除範囲で済み、2cmの安全域を取ったとしても、直径6cmの円形の切除範囲となり、径4-5cmの良性腫瘍の手術の場合と切除範囲はさほど違いません。

したがって、2-3cmの乳癌に対する温存手術+センチネルリンパ節生検を行うのであれば、本来は入院の必要はないのです。最近では麻酔の進歩も著しく、麻酔終了後すぐに意識の戻る薬剤も普及しています。これらの全身麻酔と局所麻酔を併用すれば、筋弛緩剤を用いて全身を麻痺させ、人工呼吸器を使用する従来の全身麻酔法を使わなくても乳癌手術は可能であり、手術後、約2時間程度休息すれば帰宅することができます。入院が不要ですので、仕事を休めない方、自営業の方、小さな子供さんや介護の必要な家族がおられる方、などに適した手術といえます。

関連文章

抗がんと田七杜仲精

乳癌のステージと5年生存率

抗がんと心理

抗がん剤の副作用

抗がんと食品

漢方の抗がん有効成分

» 商品詳細
»
  • 癌と戦う方

  • 肝臓、腎臓機能低下に悩みの方

  • アンチエイジングにチャレンジしたい方

86歳の男性 (元日本一部上場製薬会社会長)
私は、2006月6月に膀胱ガンが発見され、幸いにも早期発見ですぐに手術をしました。しかし、同年12月にはガンが再発。表皮性膀胱ガンとのことでした。
「田七杜仲精」を飲んで約半年、再発した膀胱ガンが消えた!
73歳の男性(元日本航空管理職)
私は90年代後半、国内のガンセンターで小細胞肺ガンと診断されました。手術で切除しましたが、抗ガン剤の副作用により、髪の毛は抜け落ち、体はだるく感じ、口内炎がひどく食事もままならない状態でした。
「田七杜仲精」を1日6g服用し3ヶ月後に肺ガンの影がなくなった!
もっと見る »
Copyright ⓒ 2011~2013 XUFENG-INFO All Rights Reserved