Home › 脳のアンチエイジング

脳のアンチエイジング

脳の老化を予防するのには、やはり一番いいのは脳を使うことです。人間の脳は右脳、左脳に分かれていて、それぞれ異なった役割を担っています。左脳は本を読んだり、文字を書いたり、計算するときに使われる脳で、デジタル脳とも呼ばれます。右脳は空間や図形認識、直感、音感に優位な脳で、アナログ脳とも呼ばれています。情報を収容する能力が高い左脳人間は、常識をわきまえ社会性には富みますが、応用がきかず創造性に欠ける面があり、右脳人間は、感情豊かで直感力にすぐれるものの、協調性を欠く傾向にあります。いずれも長所短所があり、どちらが良いというものではありません。脳の老化を防ぐには、左右の脳をバランスよく使うことが大切です。

脳の老化防止について、基も重要かつ便利な対処法として他人と対話という“会話療法”を推奨します。一日の会話時間が17分以下ですと、脳が老化すると言われています。 会話することが 脳の活性化に有効であると考えられています。 一般的に、脳は会話をすると、前頭前野が活性化すると考えられている。特に会話がはずんでいるときは、前頭前野を中心に、様々なネットワークが活発に働いている。このとき、目と目を合わせて会話をすることが、より活性化させるポイントだ。

夜は精神的にも肉体的にも疲れがたまり、脳の力が低下します。脳のためには夜更かしすることより、早く寝て、翌朝活動するほうが望ましいといえます。人間の平均体温は36℃で、午後2時ごろにピークを迎え、午前4時ごろ最低になります。エネルギーが燃焼するとき体温も上昇し、脳による体の機能も活発に働きます。ですから、体温が上昇する時間帯に作業をすれば能力アップがはかれることになります。

人はストレスを受けると、大脳辺縁系に異常な興奮を起こします。すると血管が収縮し、心臓に負担がかかり、血圧が上昇するなど、ストレスに対する特有の症状が体に表れてきます。この状態が日常化すると、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を起こしたり、悪いケースでは脳卒中や心筋梗塞による突然死を招きます。脳の老化を防ぐにはストレス解消がとても重要なことです。

恥ずかしいという気持ちを捨てて、好奇心を旺盛に。大人になると知らないことを恥ずかしく感じたり、他人に聞く事を恥と考  える人もいるようです。わからないことに興味を持ち、調べることを実行  する人は好奇心が旺盛といえます。好奇心は脳の細胞を活性化する  のに欠かせないもので、それが無くなると、脳の老化はどんどん進行してしまいます。

関連文章

抗老化(アンチエイジング)と田七杜仲精

アンチエイジング(抗老化)と漢方

ビタミンEとアンチエイジング

女性のアンチエイジングには必要な食品

» 商品詳細
»
  • 癌と戦う方

  • 肝臓、腎臓機能低下に悩みの方

  • アンチエイジングにチャレンジしたい方

86歳の男性 (元日本一部上場製薬会社会長)
私は、2006月6月に膀胱ガンが発見され、幸いにも早期発見ですぐに手術をしました。しかし、同年12月にはガンが再発。表皮性膀胱ガンとのことでした。
「田七杜仲精」を飲んで約半年、再発した膀胱ガンが消えた!
73歳の男性(元日本航空管理職)
私は90年代後半、国内のガンセンターで小細胞肺ガンと診断されました。手術で切除しましたが、抗ガン剤の副作用により、髪の毛は抜け落ち、体はだるく感じ、口内炎がひどく食事もままならない状態でした。
「田七杜仲精」を1日6g服用し3ヶ月後に肺ガンの影がなくなった!
もっと見る »
Copyright ⓒ 2011~2013 XUFENG-INFO All Rights Reserved