Home › 子宮頸がんワクチン、有効性にも目を向けて-「勧奨中止」

子宮頸がんワクチン、有効性にも目を向けて-「勧奨中止」

4月に定期接種化された子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の接種勧奨が一時的に中止された。相次ぐ副反応報告を受けての暫定措置で、定期接種そのものは継続する。接種を受けるべきか否か―。その判断と責任が以前にも増して、本人や保護者に委ねられ、医療機関にも「ワクチン接種の有効性と安全性について十分に説明した上で接種すること」が求められた。副反応の情報がクローズアップされる中、接種を敬遠する動きが広がることが予想されるが、医療者からは子宮頸がん予防の立場から、改めてワクチンの有効性を訴える声も上がっている。

「子宮頸がん征圧をめざす専門家会議」委員で、社会保険相模野病院婦人科腫瘍センター長の上坊敏子氏は「子宮頸がんの一番の問題は、患者の若年化だ」と強調する。 ―HPVワクチンの有効性について「予防効果は小さい」とする指摘があります。年代特性を考慮せず、単純にデータを当てはめては、実態と異なるイメージが浮かび上がる恐れがあります。

臨床をしていると、若い患者さんが増えていることを実感します。罹患者は20代後半から急増し、ピークは30代へと移っています。女性特有のがんの罹患率を見ても、子宮頸がんだけが圧倒的に上昇しています。増えているといわれる乳がんも、30代前半までは必ずしも増加しておらず、それまでは子宮頸がんの“独り勝ち”です。

「若い女性に子宮頸がんによる死亡者は少ない。年配の女性の病気だ」という意見もあります。確かに死亡数が増えるのは40代以降ですが、そもそも20代、30代はがん患者自体が少ないのです。しかし、20代女性のがん死のうち子宮頸がんは胃がん、白血病に次いで3番目、30代女性では乳がんに次いで2番目に多いのです。妊娠・出産をする年代の女性にとって大変な病気なのだということを理解してほしいと思います。

―ワクチンで予防できる原因ウイルス16型と18型については、日本人は検出率が低いというデータが出ています。

確かに日本人女性全体では、16/18型の頻度は1-3%程度と考えられますが、これも年代の特性を見る必要があります。高リスク型HPVの感染率も、そのうちの16/18型感染率も若年層が顕著に高いのです。さらに、16/18型が原因の子宮頸がんは、日本では50-70%とされますが、若い年代では割合が高く、20代では90%に上ります。16/18型は持続感染した場合、ほかの型よりも短期間でがん化していくので、若い患者さんが多いということです。

より精度の高いHPV検査の併用検診を導入した上で、受診率を高めれば、HPVワクチンは不要だとする意見について、どう考えますか。

子宮頸がんを予防する上で、細胞診を含めた検診のウエートが非常に大きいのは間違いありません。しかし、国民生活基礎調査(2007年)によると、20-24歳の受診率は5.6%にすぎず、25-34歳でも21.2%です。「(受診対象の)85%が検診を受ければ、80%の子宮頸がんを予防できる」とされますが、現状では絵に描いた餅。今現在、ワクチンに代わる案としては、現実に即していると言えないと思います。検診受診率が80%前後の欧米諸国は、ワクチン接種にも積極的です。検診だけで子宮頸がんを撲滅するのは難しいと判断しているからではないでしょうか。

ただし、HPVワクチンを接種しても検診を受ける必要があることには変わりなく、HPV検査の導入や受診しやすい環境づくりが重要なのは言うまでもありません。

ほかのワクチンと比べ、副反応の発生率の高さが指摘されています。よく対比されるインフルエンザワクチンを例にしても、接種対象となる年齢や性別が全く異なり、完全な対比はできません。予防接種後の迷走神経反射が思春期の女子に多いことからも、単純に比較するのは適切ではないと考えます。

HPVワクチンは世界中で接種されており、同じように副反応が報告されていますが、それで接種を中止した国はありません。実際に後遺症で苦しんでおられる方、受けさせなければよかったと悔やんでいらっしゃる保護者の方は本当につらいでしょうし、その気持ちは痛いほど分かります。けれども残念ながら、どんなワクチンも副反応をゼロにすることはできず、国としては、マスとしてのメリットを取らざるを得ないと思います。

厚生労働省は「予防接種及び注射、採血等の医療における穿刺行為後の長期間持続する痛みに関する調査研究」で、痛みの病態、ワクチンや穿刺行為との関係を調査・分析することにしています。ワクチンそのものとの因果関係の有無が明らかにされるのはもちろん、穿刺行為の後に見られる慢性的な疼痛の診断・治療の精度向上が期待されます。

子宮頸がんに罹患すると、どんな治療や予後があるのですか。日本産科婦人科学会(04年治療症例5年生存率)によると、1a期は、ほぼ100%治ります。その前の0期(上皮内がん)についてはデータがありませんが、当然100%治癒しているものと考えられます。1b1期になると91.1%、1b2期では74.8%です。早期発見で適切に治療すれば、命を落とすことはまれな病気と言えるでしょう。

前がん病変や0期であれば、円錐切除術で子宮を温存できます。しかし次の1a1期になると、子宮温存が可能なのは約半数、1a2期では原則として子宮摘出が選択されます。1b期以降は、リンパ節の廓清を含む広汎子宮全摘出術、放射線療法、化学療法という治療が行われます。妊娠ができなくなるだけでなく、リンパ浮腫や感染症による発熱、排尿障害、性交障害などの後遺症が一生続くことになるのです。

結婚や出産など、若い女性の多くが人生に希望を抱いていると思いますが、それがパーになるどころか、日常生活にも支障が生じ、経済的にも負担が大きい治療が必要になります。子宮頸がんは、ワクチンと検診で予防できる病気だけに、本当にもったいないことだと思います。

関連文章

抗がんと田七杜仲精

乳癌のステージと5年生存率

抗がんと心理

抗がん剤の副作用

抗がんと食品

漢方の抗がん有効成分

乳癌の外科手術治療法

» 商品詳細
»
  • 癌と戦う方

  • 肝臓、腎臓機能低下に悩みの方

  • アンチエイジングにチャレンジしたい方

86歳の男性 (元日本一部上場製薬会社会長)
私は、2006月6月に膀胱ガンが発見され、幸いにも早期発見ですぐに手術をしました。しかし、同年12月にはガンが再発。表皮性膀胱ガンとのことでした。
「田七杜仲精」を飲んで約半年、再発した膀胱ガンが消えた!
73歳の男性(元日本航空管理職)
私は90年代後半、国内のガンセンターで小細胞肺ガンと診断されました。手術で切除しましたが、抗ガン剤の副作用により、髪の毛は抜け落ち、体はだるく感じ、口内炎がひどく食事もままならない状態でした。
「田七杜仲精」を1日6g服用し3ヶ月後に肺ガンの影がなくなった!
もっと見る »
Copyright ⓒ 2011~2013 XUFENG-INFO All Rights Reserved