Home › 免疫治療法は胃がんに効果的です

免疫治療法は胃がんに効果的です。

胃がんの治療は、一般的に手術、内視鏡治療(EMR)、抗がん剤などの標準治療で中心にがんを克服されていますが、一方、標準治療だけでは太刀打ちできない、たちの悪い胃がん(スキルス胃がんなど)が多いこともまた事実です。スキルス胃がんは一般的に治療困難とされています。免疫力とは、リンパ球が体内に細菌などの敵が侵入した時に攻撃・撃退する事を言います。胃がんの免疫療法は、この人が持っている免疫力を高め、胃がんの治療に役立てようとする治療法です。

NK細胞はリンパ球に含まれる免疫細胞の一つで、生まれつき(ナチュラル)外敵を殺傷する(キラー)能力を備えているため「ナチュラルキラー(NK)細胞」と呼ばれています。

NK細胞は自らの体内を幅広く行動し、癌(がん)細胞やウイルス感染細胞などの異常細胞を発見すると、真っ先に、単独で攻撃を仕掛けます。T細胞、B細胞といった他の免疫細胞も癌(がん)などの異常細胞に対して攻撃を仕掛けるのですが、抗原抗体反応(過去に異常細胞と認識したものにしか攻撃を仕掛けないこと)により動きが制限されてしまいます。

それに対してNK細胞は、抗原抗体反応がないため、直接目的箇所に向かうことができ、自由且つ柔軟に攻撃をすることが出来ます。つまり、NK細胞は癌(がん)細胞を攻撃する免疫細胞の中でも、能力に優れ、私たち人間にとって非常に重要な細胞だと言えます。科学的な理論や根拠に裏付けられた研究に基づいて、体外から高活性・高純度のNK細胞を大量増殖・培養方法を確立致しました。この免疫治療法は、もともと人が持っている能力ですから、副作用もなく、治療のチャンスを逃すこともありません。

これにより、誘導したNK細胞(細胞障害性T細胞を含む)で、癌(がん)を退治する研究、臨床医学応用による癌(がん)の免疫治療を行っています。

高度活性化NK細胞療法高度活性化NK細胞療法を簡単に説明すると、患者さんの血液を40cc程採取し、最新の培養技術で増殖・活性化し、2週間ほど無菌状態で約10億個のNK細胞を増殖させ、再び患者さんの体内へ戻すという療法です。

治療は血液40ccを採取することから始まります。40ccと言ってもピンと来ないかも知れませんが、一般の献血が400ccですので、それと比べて頂ければ僅かな量だとご理解頂けると思います。その後、約2週間をかけて、採血した血液を、無菌状態に保たれた専門の培養施設で、熟練の培養技師が手作業で培養、活性化致します。

高度活性化NK細胞療法は、再発・転移防止に有効であり、三大療法との併用が可能であるため、相乗的な効果や副作用の軽減が期待できます。ます普及していくものと考えております。

関連文章

抗がんと田七杜仲精

抗がんと心理

抗がん剤の副作用

抗がんと食品

漢方の抗がん有効成分

がん患者の4割、受診時は自覚症状なし

新しいがん治療法を開発

肺がんみんなで闘う  「あけびの会」正力厚生会が助成

強力がん遺伝子発見 新たな治療薬に期待

» 商品詳細
»
  • 癌と戦う方

  • 肝臓、腎臓機能低下に悩みの方

  • アンチエイジングにチャレンジしたい方

86歳の男性 (元日本一部上場製薬会社会長)
私は、2006月6月に膀胱ガンが発見され、幸いにも早期発見ですぐに手術をしました。しかし、同年12月にはガンが再発。表皮性膀胱ガンとのことでした。
「田七杜仲精」を飲んで約半年、再発した膀胱ガンが消えた!
73歳の男性(元日本航空管理職)
私は90年代後半、国内のガンセンターで小細胞肺ガンと診断されました。手術で切除しましたが、抗ガン剤の副作用により、髪の毛は抜け落ち、体はだるく感じ、口内炎がひどく食事もままならない状態でした。
「田七杜仲精」を1日6g服用し3ヶ月後に肺ガンの影がなくなった!
もっと見る »
Copyright ⓒ 2011~2013 XUFENG-INFO All Rights Reserved