Home › 新しいがん治療法を開発

新しいがん治療法を開発 がん幹細胞の静止期追い出し療法

がんの再発や転移を引き起こすとされるがん幹細胞はほとんど増殖しないため、抗がん剤が効かない。九州大学生体防御医学研究所はがん幹細胞の静止期のメカニズムを明らかにし、がん幹細胞の増殖を再開させて抗がん剤で撲滅することに成功した。

静止期と呼ばれる冬眠状態のがん幹細胞を増殖期に移行させれば、その治療抵抗性を破綻できる、と研究チームは考えた。研究の結果、静止期を維持させている因子がFbxw7という分子であると突き止め、これを欠損するとがん幹細胞の増殖抑制が解除されることがわかった。

静止期からがん幹細胞を追い出す
慢性骨髄性白血病の場合、治療薬のイマチニブの投与中は白血病を抑えるが、投与を中止すると約60%が再発する。治療薬はがん細胞を殺せてもがん幹細胞には効果がない。しかし、Fbxw7を欠損させたところ、がん幹細胞はイマチニブで死滅、投与中止後も再発しなかった。がん幹細胞を静止期から追い出して抗がん剤を投与し、がん幹細胞を根絶する、この方法を「静止期追い出し療法」と名づけた。

慢性骨髄性白血病の寛解を維持するにはイマチニブの継続投与が必要だが経済的負担が大きい。今回イマチニブ投与を中止しても再発はほとんどないと証明したことから、Fbxw7の働きを抑える阻害剤を開発すればがん幹細胞の死滅による白血病の根治が実現すると考えられる。

また、乳がん、脳腫瘍、大腸がんなどでもがん幹細胞が同定され、いずれにも共通の特性があるため、白血病と同様にがん幹細胞が治療抵抗性の原因となっている可能性がある。これらの疾患の根治療法にもつながると研究チームは期待している。

関連文章

抗がんと田七杜仲精

抗がんと心理

抗がん剤の副作用

抗がんと食品

漢方の抗がん有効成分

がん患者の4割、受診時は自覚症状なし

がん医療のタブー

強力がん遺伝子発見 新たな治療薬に期待

肺がんみんなで闘う  「あけびの会」正力厚生会が助成

» 商品詳細
»
  • 癌と戦う方

  • 肝臓、腎臓機能低下に悩みの方

  • アンチエイジングにチャレンジしたい方

86歳の男性 (元日本一部上場製薬会社会長)
私は、2006月6月に膀胱ガンが発見され、幸いにも早期発見ですぐに手術をしました。しかし、同年12月にはガンが再発。表皮性膀胱ガンとのことでした。
「田七杜仲精」を飲んで約半年、再発した膀胱ガンが消えた!
73歳の男性(元日本航空管理職)
私は90年代後半、国内のガンセンターで小細胞肺ガンと診断されました。手術で切除しましたが、抗ガン剤の副作用により、髪の毛は抜け落ち、体はだるく感じ、口内炎がひどく食事もままならない状態でした。
「田七杜仲精」を1日6g服用し3ヶ月後に肺ガンの影がなくなった!
もっと見る »
Copyright ⓒ 2011~2013 XUFENG-INFO All Rights Reserved