Home › キウイと癌予防

キウイと癌予防

キウイフルーツは、抗変異原性成分のグルタチオンが含まれているので、肝臓がん、肺癌、皮膚癌、前立腺癌など癌細胞遺伝子変異誘発を抑制して、予防できます。

バーベキュー食品が癌発生率を増加することといわれ、キウイフルーツには酸化防止剤のビタミンCがよくあって、バーベキュー食品の体内ニトロ化を抑制することができ、癌予防作用があります。食事の後にキウイを食べてください。

キウイは、炭水化物、食物繊維、ビタミンおよび微量元素が豊富で、特にビタミンC、ビタミンA、葉酸の含有量が高い。キウイフルーツには、天然の糖アルコールイノシトールが多く含まれていますので、糖代謝を効果的に調節でき、糖尿病予防にも独特な効果があります。

キウイには害虫がすくなくて、農薬を使わないので、農薬汚染の無い果物だと言われ。

胃腸の弱い方はキウイを多く食べたら、腹痛、下痢を引き起こす可能性があります。また、キウイのビタミンCが乳製品のタンパク質成分と塊に凝縮しやすくて、消化吸収が困難で、膨満感、腹痛、下痢の症状が出ています。だから、キウイと乳製品を一緒に食べないでください。

関連文章

癌予防の要素

発癌性食品"ブラックリスト"

癌予防食品

マンゴーと乳がん

» 商品詳細
»
  • 癌と戦う方

  • 肝臓、腎臓機能低下に悩みの方

  • アンチエイジングにチャレンジしたい方

86歳の男性 (元日本一部上場製薬会社会長)
私は、2006月6月に膀胱ガンが発見され、幸いにも早期発見ですぐに手術をしました。しかし、同年12月にはガンが再発。表皮性膀胱ガンとのことでした。
「田七杜仲精」を飲んで約半年、再発した膀胱ガンが消えた!
73歳の男性(元日本航空管理職)
私は90年代後半、国内のガンセンターで小細胞肺ガンと診断されました。手術で切除しましたが、抗ガン剤の副作用により、髪の毛は抜け落ち、体はだるく感じ、口内炎がひどく食事もままならない状態でした。
「田七杜仲精」を1日6g服用し3ヶ月後に肺ガンの影がなくなった!
もっと見る »
Copyright ⓒ 2011~2013 XUFENG-INFO All Rights Reserved