Home › がん患者の4割、受診時は自覚症状なし

がん患者の4割、受診時は自覚症状なし

病院でがんと診断された外来患者の約4割は、受診の時点で自覚症状がなかったことが、27日までの厚生労働省の調査で分かった。健康診断や人間ドックをきっかけに受診、がんが見つかったケースが多く、同省の担当者は「自主的に健康診断を受けることの重要性を示すデータ」としている。同省がこうしたデータを公表するのは初という。

全国500病院を対象に平成23年10月に実施した「受療行動調査」の結果のうち、がん以外も含めた病名が分かる外来患者約3万1千人の回答を分析した。

がんと診断された外来患者のうち41・5%が「自覚症状がなかった」と回答。自覚症状がないのに受診した理由(複数回答)は「健康診断や人間ドックで(詳しい検査を受けるよう)指摘された」が最多。がんの部位別で自覚症状がなかった人の割合は、気管・気管支・肺がん54・9%、前立腺がん53・8%、胃がん49・9%、乳がん37・2%。

関連文章

抗がんと田七杜仲精

抗がんと心理

抗がん剤の副作用

抗がんと食品

漢方の抗がん有効成分

がん医療のタブー

新しいがん治療法を開発

強力がん遺伝子発見 新たな治療薬に期待

肺がんみんなで闘う  「あけびの会」正力厚生会が助成

» 商品詳細
»
  • 癌と戦う方

  • 肝臓、腎臓機能低下に悩みの方

  • アンチエイジングにチャレンジしたい方

86歳の男性 (元日本一部上場製薬会社会長)
私は、2006月6月に膀胱ガンが発見され、幸いにも早期発見ですぐに手術をしました。しかし、同年12月にはガンが再発。表皮性膀胱ガンとのことでした。
「田七杜仲精」を飲んで約半年、再発した膀胱ガンが消えた!
73歳の男性(元日本航空管理職)
私は90年代後半、国内のガンセンターで小細胞肺ガンと診断されました。手術で切除しましたが、抗ガン剤の副作用により、髪の毛は抜け落ち、体はだるく感じ、口内炎がひどく食事もままならない状態でした。
「田七杜仲精」を1日6g服用し3ヶ月後に肺ガンの影がなくなった!
もっと見る »
Copyright ⓒ 2011~2013 XUFENG-INFO All Rights Reserved