Home › 抗がん剤の副作用

抗がん剤の副作用

抗がん剤の効果的な使用は、がん患者に治癒の希望を持たせ、より長い生存期間を得るのを助けることができますが、ほとんどの抗癌剤は副作用があり、がん細胞と正常細胞を同時に殺してしまいます。抗がん剤の効果と副作用を考慮し、投与量を決定することが大切です。

2012年まで、世界諸国では販売許可のある抗がん剤が約150種類。新抗がん剤プロジェクトが約800個、まだテストしていて、研究中だそうです。これらの抗がん剤は今後の20年間に癌と戦う新式武器となるでしょう。但し、どのように抗がん剤の副作用を最大限に下げるかは難しいです。

抗がん剤は癌細胞を抑制し、殺したと同時に正常な細胞も傷つけてしまう、特に骨髄(造血細胞)と消化管粘膜がよく損傷され、また毒素を排出する機能臓器の肝臓と腎臓も損傷する。重篤な副作用では細菌感染抵抗力を喪失して、難治性の肺炎などの病気を引き起こすことがあり、死亡の可能性もある。抗がん剤の副作用反応は以下です。

1.静脈炎。抗がん薬による静脈局所の腫れ、痛み、潰瘍、壊死。

2.骨髄抑制。ほとんどの抗がん剤は、骨髄細胞の抑制の副作用を持っています。末梢白血球、血小板、ヘモグロビンが急に低下し、感染や出血の可能性があります。

3.胃腸の反応。吐き気、嘔吐、便秘、腸閉塞、腹痛、腹部膨満感などの副作用症状がある。

4.肝臓の損傷。GPTが上昇し、肝線維化にもなる可能性があります。

5.心臓毒性。症状:脱力感、呼吸困難、さらには心不全。

6.肺毒性。副作用は間質性肺炎や肺線維症です。

7.腎毒性。血尿、蛋白尿、血中尿素窒素は増加する。

8.神経毒性。末梢神経障害、急性脳症、脊髄損傷。

*抗癌剤の副作用から体を保護する田七杜仲精。

抗癌剤による免疫機能の抑制や、酸化ストレス・炎症による障害などは、田七杜仲精によって効果的に防止されます。薬剤による副作用から体を保護してくれる漢方養生食品「田七杜仲精」は、癌に対する抗がん剤や化学療法において、一つの選択肢になるといえます。

関連文章

抗がんと心理

抗がんと食品

漢方の抗がん有効成分

抗がんと田七杜仲精

» 商品詳細
»
  • 癌と戦う方

  • 肝臓、腎臓機能低下に悩みの方

  • アンチエイジングにチャレンジしたい方

86歳の男性 (元日本一部上場製薬会社会長)
私は、2006月6月に膀胱ガンが発見され、幸いにも早期発見ですぐに手術をしました。しかし、同年12月にはガンが再発。表皮性膀胱ガンとのことでした。
「田七杜仲精」を飲んで約半年、再発した膀胱ガンが消えた!
73歳の男性(元日本航空管理職)
私は90年代後半、国内のガンセンターで小細胞肺ガンと診断されました。手術で切除しましたが、抗ガン剤の副作用により、髪の毛は抜け落ち、体はだるく感じ、口内炎がひどく食事もままならない状態でした。
「田七杜仲精」を1日6g服用し3ヶ月後に肺ガンの影がなくなった!
もっと見る »
Copyright ⓒ 2011~2013 XUFENG-INFO All Rights Reserved